Page: 1/213   >>
洛風林さの名古屋帯「ヴァレッタ天井文」に合わせる

ワールドカップロシア大会の第2戦

アフリカのセネガル(27位)と対戦して

2ー2の引き分けに がんばった!!

4月上旬の監督交代でチームづくりが

不安視されていましたが

応援盛り上がってきました

 

柄の部分が二重組織のふくれ織になっている

洛風林さんの名古屋帯「ヴァレッタ天井文」

に、越後染印伝の付下げを合わせました

 

近接になります

ヴァレッタは地中海の中央、マルタ共和国内の

マルタ島にある首都の地名でバレッタ(Vaiietta)とも

題材はヴァレッタにある大聖堂天井が参考になってるようです

 

藍田正雄さんの江戸小紋

「割付菊つなぎ」に合わせました

 

地色は白よごしで

白すぎない柔らかな白が魅力に

藍田正雄さんが見たら

「ほおっ」と声が聞こえそうです

 

糸目友禅であらわされた扇面に蔦唐花の

付下げに合わせました

白よごしの地色が付下げに

さりげなく、とけこんでいます

 

手織紬地のチャンチン染小紋に

合わせました

ファーマルにもカジュアルにも

対応できる名古屋帯ですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:22 | - | - |
帯地の中クリ型バッグ

昭和の歌謡界の女王

美空ひばりさんが52歳で不帰の人と

なったのが1988年(平成元年)のこの日

横浜市磯子区滝頭の出身で

1949年(昭和24年)にコロムビアから

レコードデビューし

「柔」「川の流れのように」の代表曲があります

 

夏場にも使える

オシャレな帯地の

中クリ型のバッグです

 

利休鼠(りきゅうねずみ)の革の色と

帯地の配色が新鮮ですね

A4サイズより少し小さいですが

オシャレさがあります

 

中チャック付きで

横が約31cm、縦は約19cmで巾約13cm

 

底革で鋲もしっかりとしています

 

革の柔らかさが魅力です

 

丁寧に作られた日本製のバッグ

大阪のメーカーさんから仕入れてきました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:45 | - | - |
洛風林さんのすっきりした帯が入荷しました

三渓園でヤマユリも咲いていたのですが

咲いている場所を探す時間がなく、くやしい思いを

気品があって自然の中で見ると感激

ヤマユリは神奈川県の県の花に1951年(昭和26年)に

制定されています。

県立「四季の森公園」がオススメです

 

藍色(あいいろ)が印象的なステキな名古屋帯は

洛風林さんの

「ヴァレッタ天井文」です

 

お太鼓の部分の近接です

藍色と鉄紺(てつこん)の2色で表された

文様を銀糸の升模様で囲んでいます

 

同系の限られた色数で

これだけの存在感のある名古屋帯は

さすがです

 

タレ下部分になります

品格のある柄をお太鼓部分と同じに

表現することでセミフォーマルの

付け下にも対応できます

 

万筋の小紋「雪輪」に合わせました

江戸小紋にも合わせやすいので

重宝する名古屋帯です

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:19 | - | - |
三渓園のネジバナが見頃

昨日の定休日、蓮も咲き始めているかもと思い

午前中に三渓園へ行って来ました

 

大池と睡蓮池の周りにネジバナが咲いていました

「ネジレバナ」、「ネジリバナ」、「ねじれ草(そう)」と

呼ばれる事もあり、ラン科ネジバナ属の多年草です

 

大池の周りで見つけたネジバナ

4、5本が一緒になっている状態は

今まで見たことがありませんでした

通常は、花と花の距離があるのですが

珍しいですね 

2ヶ所見つけました 良いことあるかも

 

池に浮かぶ小舟で

カルガモが一休み

カワウの定位置と思っていましたが

 

外苑の睡蓮池にて

びっしりと花を咲かせているスイレンに

まだ出会っていません

5月中旬から下旬がよさそうです

 

睡蓮池の周りのネジバナです

大池の周りのネジバナより

色が濃いですね

小さな花を多数細長い花茎に密着させ

花が花茎の周りにらせん状に並んで咲く

「ねじれた花序」が和名の由来です

 

睡蓮池で見つけたカメ

頭の横に赤い色が入っているのが特徴の

ミドリガメです

 

蓮池では葉が開き始めた状態

やはり7月上旬から花が咲き始めるようです

早かった

 

三渓園の正門から入ると

タイサンボク(泰山木、大山木)があり

白い大きな花を咲かせていました

 

タイサンボクは北米中南部原産

アメリカ合衆国南部を

象徴する花木とされており

樹高20m以上にもなります


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:20 | - | - |
しころ織りの鼻緒がオシャレ

今日は夏至で二十四節季の第10

北半球では一年中で

一番昼が長く夜が短い日です

期間は次の節季の小暑(しょうしょ)

7月7日前日までになります

 

白磁色(はくじいろ)の台に

しころ織りの鼻緒がオシャレな

単衣・夏向きの草履です

 

鼻緒の近接です

一列の青藍色(せいらんいろ)が

上質な涼感を伝えてくれます

 

しころ織り部分の近接です

4色の大小の列で表された模様に

こだわりの美があります

 

シンプルですが巻き3段のぞうりは

様々な装いに合わせやすいですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:11 | - | - |
スッキリと決めたい男性ゆかた

サッカーのワールドカップロシア大会で

FIFAランキング61位の日本が16位の

コロンビアを破って白星発進 うれしい!!

 

紺地のゆかたを着たい

でも、無地はイヤ

そんな男性にオススメの

スッキリとしたゆかたです

 

博多、大倉織物さんの

角帯を合わせました

正絹の角帯は、ゆるみにくく

締め心地も、いいですよ

 

藍白(あいじろ)の17本の縞は

きりりと粋な江戸好み

 

濃藍(こいあい)、紺色(こんいろ)、藍色(あいいろ)、

藍白(あいじろ)の4色を使って織り上げています

品質表示 綿100%

 

博多、西村織物さんの角帯

「更紗」を合わせました

織人は重益久美さんです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:42 | - | - |
ステキな包装紙にこめられた味

18日午前の大阪北部震災で被災された方に

心よりお見舞い申し上げます

 

奈良県生駒市にある高山製菓さんの

「高山かきもち」の包装紙がステキ

むかしの「かきもち」作りが

デザインされています

 

奈良や京都の方ならばご存知でしょうが

関東に住んでいる私にとっては

「高山かきもち」は、お初です

 

化粧缶の包装紙は

餅をつく様子が中央に

 

包装紙に、こんな言葉が書かれています

「平安時代の唐菓子に

 見える煎餅は小麦粉

 だが、米好きの日本人が

 米の粉を挽いて延ばし、

 竹筒で抜いたのが

 塩煎餅である

 搔餅の方は正月の鏡餅

 を端から欠いてこれを

 焼いたのが始まりと伝える。」

 

馬の背から米を運ぶ姿

火をおこし米を蒸している様子

物づくりの縮図ですね

 

ステキな包装紙を開けると

赤い缶が

包装紙だけで

おいしくいただいたような気がして

 

缶の中には

「ころもち」 「海老サラダ」

「松しぐれ」「マヨネーズ」の

4種類の味が

 

こんなに開けるのが楽しみだった

お菓子は久しぶりです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:10 | - | - |
デザイン化したタンポポが楽しい

6月18日は海外移住の日

1908年(明治41年)のこの日に海外移住の

第一陣781人を乗せた笠戸丸が

神戸港を出港し51日間かけて

ブラジルのサントス港に到着したことを記念し

国際協力事業団(JICA)が

1966年(昭和41年)に制定

見知らぬ大地に夢を託した日本人の心

持ち続けていたいと思います

 

デザイン化されたタンポポが印象的な

綿紅梅生地を使用したゆかたに

博多織の白い単衣帯を合わせました

 

大倉織物さんの支子色(くちなしいろ)の

小袋帯を合わせました

この帯は両面が使えます

 

大倉織物さんの小袋帯の

表面になります

支子色(くちなしいろ)に挟まれた

放射線状の花模様がステキです

 

蘭からふ工房さんの

グールハナウィの半巾帯を合わせて

大人カワイイを演出

 

中央に型継ぎがうっすらと

これが職人さんの手作業で染められている

東京本染の特性の味わいです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:53 | - | - |
半巾帯で綿乱絽ゆかたを楽しく

梅雨に入ってアジサイが見頃に

八景島あじさい祭が6月9日(土)〜7月1日(日)まで

8:30〜21:30(土日22:30)開催中です

今年は竹灯篭によるあじさいライトアップもあります

八景島オリジナルあじさいの「八景ブルー」「八景ピンク」

「シーパラブルー」の八景島オリジナル品種を

見に行くのも楽しそうですね

 

綿乱絽ゆかたに白地の八重山みんさー半巾帯を

合わせました

スッキリとした白がは清涼感を誘います

 

花葉色(はなばいろ)の三分紐に

ヴェネチアンガラスの帯留で

大人カワイイを演出

 

明るさのある4色の組み合わせと

手作りの良さが伝わってくる形に

涼感一滴

 

赤橙色(あかだいだいいろ)の

八重山みんさー半巾帯を合わせました

同色系でさりげない

オシャレを演出

 

平地に縞を配しジャガード機で織り出した水玉が

印象的な宝来屋さんのレイユール半巾帯を合わせ

瑠璃紺(るりこん)の三分紐に

赤と橙色(だいだいいろ)の菱形の

ヴェネチアンガラスの帯留で


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:50 | - | - |
綿乱絽ゆかた

6月16日は、和菓子の日です

平安中期の嘉祥(かしょう、かじょう)元年6月16日に

仁明天皇(にんみょうてんのう)が菓子や餅を神前に供え

疾病除けと健康招福を祈ったことを起源として

「嘉祥菓子」の習俗が平安期から中世・近世まで存続しており

江戸幕府においては、6月16日を「嘉祥の日」として

重要な儀式になっていました

 

ゆかたに使われる生地には、徳岡木綿とコーマが多く使われ

ていますが、素材の質感が楽しめる綿紬、綿麻紅梅、綿絽、

そして綿乱絽があります。

生地の特性をいかした丁寧な染がステキです

 

綿乱絽の生地を近接してみました

絽目から染料が通ってしまいますから

熟練した職人さんの技が必要です

 

丸の模様の周りに「にじみ」が無く

くっきりと染められています

 

一型の中に11の丸模様を配して

あえて桔梗の柄は一つだけに

東京本染めのゆかたらしい

こだわりが 

 

あえて色数を少なくして

生地の質感と

染技の冴えで

大人の魅力を引き出します


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:16 | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile