Page: 1/198   >>
大岡公園の紅梅が見頃

毎朝ラジオ体操に出かけている大岡公園

今、紅梅が見ごろです

一昨日の雪が枝に残っています

 

梅はバラ科サクラ属でサクラの仲間で

奈良時代に原産の中国から伝わって

栽培されるようになったようです

 

紅梅と白梅のちがいは

当然ですが花の色

そして白梅は食用に向きますが

紅梅は向きません

 

江戸時代の女性漢詩人

絵馬細香の漢詩に紅梅を

「珊瑚玉綴幾枝枝」

珊瑚(さんご)を連ねたようと表現されています

花がほとんど咲いていない冬に

ついに紅梅が咲く 魅力的ですね

 

大岡公園のシンボルのイチョウの木2本

フェンスの手前にはソメイヨシノの桜並木

正念野球、サッカー、グランドゴルフ等に

使用されている運動所

そして横浜総合高校との境には

カワヅサクラの並木があります

 

お店に飾ってある白梅も今が見頃です

今まで一番きれいに咲いています

自分でビックリしています

 

紅梅にかかる雪を撮れればと

思っていましたが残念

 

ブログの画像が遅れました ごめんなさい

 

1月23日撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:14 | - | - |
着ることが楽しい小紋

昨日の雪が道路に積もり

今朝は車の量も普段より少なめ

でも人が歩きにくいので

朝のうちに道路の雪かきをするので

忙しい朝になりそうです

 

濃紺の七宝地紋生地に

絞りを配した

着ることが楽しい小紋です

 

小さな絞りと七宝模様の

バランスが絶妙な

独特の感性を持った

東京の作家さんの作品です

 

おめかし系

ふだんキモノのシリーズに

加えてみました

 

織屋にしむらさんさんんの

モダンなデザインが素敵な

アールデコを合わせました

 

前の印象はスッキリと

上品に目立つ

着る場所をえらばない

キモノです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:55 | - | - |
モダンな小紋が楽しい

山形県からの寒中お見舞いの便りに

台所のタオルが凍ってビックリと

寒さが本番ですね

横浜の今日の天気は夕方から雪

積もらないでくれるといいのですが

 

イソップ寓話(イソップぐうわ)の世界を

ミントの地色の

モダンな小紋にして

 

イソップの森の中で

不思議な動物たちが遊んでいます

意外性を持ちつつ

品の良さもあります

 

おしゃれゴコロのある

型染め小紋は

手仕事、白生地、色の3つに

こだわって作り上げられています

 

色のゆらぎがステキな染帯を

合わせました

 

日常のファッションとして

キモノを楽しんでいただきたい

 

その思いから出来上がった

新しいカジュアルです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:04 | - | - |
寒いけど、ゆかた始まります

寒中見舞いが届くこの時期ですが

ゆかた発表会が各メーカーさんで

始まっています

4月にお店で発表できるよう仕込み中です

 

ちょっと早いですが

綿紅梅の生地で染められた

シンプルなハイビスカスのゆかたです

 

綿紅梅の生地の特徴は薄く透けた感じに織られています

上の画像では生地の下に白い紙を入れており

下の画像は紙を外しているので

白抜きの柄部分に下柄がうつります

 

大好きな、みんさーの半巾帯を

合わせてみました

 

ブルーとグリーンの配色がステキな

ミンサー半巾帯は季節を問わずに使える

すぐれものです

 

今年のゆかた

期待していてくださいね

意気込みがありますから


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:20 | - | - |
色のゆらぎがステキな染帯

人気の花柄を

一味ちがうタッチで手描きした

個性派作家さんの染帯です

y

 

お太鼓部分の拡大です

 

色のゆらぎがロマンチックな

おめかし系そめおび

着て楽しんでいただける

ふだんキモノに合わせて

 

独特の色使いで人気の作家さんで

キモノに対する思い入れと情熱がすばらしく

新しい風が吹き始めています

 

ウージ染の緑が新鮮な

仲村愛子さん手織りの久米島紬に

合わせました

 

作り手も販売をするお店も

そしてお客様に喜んでいただきたい

そんな思いから制作された染帯

 

キモノ文化を大事にひろめていきたい

そんな今年の願をこめた作品です

前柄の部分

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:21 | - | - |
TAMATEBAKUさんに行ってきた

第3木曜日の定休日は

気になっていたパン屋さん探しに出発

場所は東神奈川駅から5分ちょっと歩いて

横浜銀行アイスアリーナ近くにある

「横濱港町ベーカリー玉手麦」さんに

 

日付の入った「ちぎりパン」は中身は入っていませんが

パンの美味しさを味わえます

 

お店の名前が印象的なので是非行ってみようと

京浜急行の仲木戸駅で降りて

JRの東神奈川駅を目指します

 

東神奈川駅から国道を横浜駅方面に歩いて

5分くらいで目的のTAMATEBAKUさんに

ちょっと迷うかなと思っていたら

角にあるお店でした

 

動物パンが並んでいましたが

好みのパンから

ブラックチェリーのデニッシュです

 

大好きなレーズンブレッド

一斤をカットするときが最高の楽しみなんですね

 

パン屋さんによってパンの質感

そしてレーズンの質と量もちがいがあるので

いつもワクワク感が

 

美味しい「しまうたウインナーのパン」

こだわりのあるはネーミングがすっごい

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:25 | - | - |
楽しい和小物てぬぐい集め

最近ラジオ体操を怠けていたら

体が硬くなってきたので

ブログの途中でもラジオ体操に行くことに

 

メーカーさんのゆかた新柄発表会が始まりました

今年もオシャレなゆかた揃います

 

晒し木綿を素材とした手ぬぐいも

ゆかたメーカーさんで染められています

 

上野動物園の愛らしいパンダも

手ぬぐいの画題に染めて

楽しまれています

 

伊勢型紙を使用して染められた

手ぬぐいも人気がありますね

 

手ぬぐいには両面染まっている本染めと

片面のみ染まっているシルクスクリーン染めがあり

伊勢型紙を使う場合は本染めになります

 

手ぬぐいの一般的な寸法は縦90cmX横34cmですが

踊りで使用する手ぬぐいは長尺で100cm〜110cmあります

 

オリジナルの手ぬぐいも50本より制作でき

染色インテリアとしてお楽しみいただけます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:24 | - | - |
加賀小紋の坂口幸市さん作品

京友禅と加賀友禅そして

京小紋と加賀小紋という図式がわかりやすいかも

京小紋の影響を受けて石川県で作られ始めたのが

加賀小紋で色使いに加賀友禅の技法が取り入られています

現代は江戸小紋の影響を受けた坂口幸一さんの作品が

知られていますね

 

坂口幸市さんの小紋訪問着作品です

 

松と横縞の二枚の型紙を使用して表された

存在感のある模様を上前の見頃に配しています

 

上前の身頃部分の柄付けからも

独特の感性が伝わってくる作品です

 

波に千鳥の型紙と縦縞の

2枚の型紙を使用して

表された模様は

着る人を包みこみ

引き立ててくれます

 

後ろ右袖部分になります

 

坂口幸市さんの小紋に対する

感性の鋭さが感じられます

 

裾回し部分にも作品に対する

こだわりを感じます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:26 | - | - |
「偲(しのぶ)」の染帯で気持ちを伝える

ご法事に締める帯も

三回忌からは黒共の帯ではなく

染帯で気持ちを伝えてみては

 

「偲」には、かしこい。才能があると言う意味と

懐かしみ思い描くの意味があります。

 

織の名古屋帯とちがい

やさしいやわらかさが

伝わってきます

 

前柄部分です

 

お好きな地色で制作が可能です

 

手描き制作のため

墨色の濃淡、字体に

若干のちがいがでます

 

お太鼓部分です

 

蓮は泥の中から生まれ、泥水に染まることなく

美しい花を咲かせます。

泥=煩悩(欲望)をものともせずに咲く蓮は

悟りの象徴と考えられていたので

如来様や菩薩様が蓮の花をかたどった

蓮華座に乗っています

 

前柄部分です

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:21 | - | - |
すごい振袖がお手入れに

成人式で着用した振袖のメンテのご相談で

来店されるお客様が多い毎日です

 

一人のお客様がご相談でお持ちになった振袖を

見てビックリしました

白地に熨斗目模様の振袖です

 

絞りに手刺繍がほどこされている振袖で、

御祖母様の振袖を着用したので安心して

お手入れを任せるお店を探して

当店が4件目だったそうです

 

にじみのない桶絞り部分と

布地の表面の凹凸がきれいな京鹿の子絞りで

表されたステキなベージュの熨斗目模様

 

鹿の子絞りは技術や人件費の問題で

ほとんどが国外で絞られていますが

この振袖は絞りも刺繍も日本です

 

背には檜扇の縫い紋が一つ

そして手刺繍で表された菊の色もすばらしい

 

保存状態も良く、白地をここまできちっと保管している

お客様に尊敬の念が

 

メンテでお預かりしましたが

すごい振袖を見れたうれしさと

とてつもない緊張感がありますね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:30 | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile