Page: 1/5   >>
リボンがおしゃれな付けさげ

1924(大正13)年1月25日に、第1回

冬季オリンピックがフランスのシャ

モニー・モンブランで開催されまし

た。2022年の開催地は北京です。

 

 

花束のリボンをアクセントに配した新鮮

な感覚の東京友禅の付けさげです。

肩の柄になります。

 

上前の部分です。すっきりとした

柄バランスが魅力です。

 

上前の柄部分の近接です。

描き疋田模様が上質な花

の印象を醸し出しています。

 

手描きのリボンを近接してみました。

さりげない描き方ですが、脇役の大事

さが。

 

 

袖の柄になります。

おさえた美しさから、

作家の思いが伝わります。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:44 | - | - |
四季短冊模様の付けさげ

1963(昭和38)年1月21日「キューピー

3分クッキング」日テレ(NTV)バージョ

ンが放送開始されました。「3分クッキン

グ」は、CBS(旧中部放送)と日本テレビ

(NTV)が、それぞれ異なる内容で制作し

ています。

 

波模様に短冊を配した、

四季短冊模様の付けさげです。

 

梅を配した短冊柄は、

袖になります。

 

四季の花を短冊模様に、

ていねいに描いた東京

友禅の作品です。

 

豪華さを出す箔置きに、手刺繍を

施した菊が浮かび上がります。

 

肩の柄には、なでしこを描いています。

短冊に箔を使わないことで、やわらかな

上質感が演出されます。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:42 | - | - |
貝合わせの訪問着

1946(昭和21)年1月19日に、NHKラジオ

で「のど自慢素人音楽界」(NHKのど自慢)

が、放送開始されました。オープニングが

鐘(チューブラーベル)の音で始まる構成

で、高橋圭三、宮田輝といった名司会者が

が担当していました。

 

東京友禅の濃い紫地、貝合わせ訪問着

です。貝合わせは、蛤の殻を使用した

遊びで、美しく彩られた貝は、六角形

の蒔絵などが施された箱に入れられ大

切に扱われました。

 

 

裾の柄部分になります。

緻密に描かれた柄に、曲線の

ぼかしを描いて立体感を出し

ています。

 

上前に描かれた松を配した

二つの貝桶です。

 

模様の描かれた貝に金駒刺繍を

施し豪華さをだしています。

 

袖の柄になります。

蛤に波を描き、砂浜の

松景色を想像させてくれます。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:15 | - | - |
大岡川の桜染め訪問着

昨日,男性のお客様が2組ご来店

下さいました。女性へのプレゼントで、

たかはしきもの工房さんの製品、

扇子をお求めに。

和装の小物をプレゼントするのに、

当店を選んでいただけ、

とっても、うれしいことです。感謝!!

 

渾身の力作、

大岡川の桜染め訪問着です。

今まで、織の訪問着を

制作したかったのですが、

お客様のお手元に届く作品より、

自己満足の作品になるような気がして、

踏み切れませんでした。

 

上前部分になります。

大岡川の桜の色が、

上質感のある、やわらかな色で

表されています。

 

近接になります。

大岡川の桜の発色が

ステキです。

 

後身頃になります。

この作品、ぜひ見てください。

 

当店の物づくりは、

横浜浮世絵を題材にしたシリーズ、

三渓園屋、称名寺の名所シリーズ、

藍田正雄さんの江戸小紋シリーズ、

そして大岡川の桜染めシリーズとして

お客様に応援をいただいて、

続けててくることが、出来ました。

コツコツ、コツコツ積み上げて、

良い作品ができあがります。

応援ありがとうございます。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:58 | - | - |
松江まちさんの人魚姫

昨日が「東京キモノショー」

最終日に。応援をいただき、

ありがとうございました。

昨年の、東京キモノショーに

月の砂漠で出展した、松江まちさんの

新作訪問着「人魚姫」です。

 

人魚姫は、デンマークの

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

作の童話ですね。

物語の全体が

わかる袖部分になります。

 

大倉織物さんの生地を使い、

顔料100%で制作されています。

 

水中を泳ぐ人魚姫と

物語の始まりの船を

錨とともに表しています。

 

 

近接になります。

人魚姫が王子を

おぼれないようにと

支え続けるシーン。

 

お城と泳ぐ人魚姫に

松江まちさんの

生き生きとしたストーリーが

躍動感とともに

映しだされます。

化学染料を一切使わない、

こだわりの作品です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:23 | - | - |
コスモスの訪問着がステキ

今日は1853年7月14日(嘉永6年6月9日)に

米国フィルモア大統領の国書を持って

ペリー提督が久里浜海岸に上陸した日で

「久里浜ペリー祭」が開催されます

10:00から「よこすか開国バザール」

19:30から「久里浜ペリー祭花火大会」まで

まる一日楽しめます

 

コスモス(秋桜)を描いた

やさしい京友禅の訪問着が

ステキです

 

コスモスは夏から秋に花を咲かせる

メキシコ原産の一年草で

花の色は白、ピンク、赤、黄、赤茶、紫

淡いトーンの黄のコスモスが

品格ある柄ゆきを構成します

 

明るく淡い色使いのコスモスで

秋らしいドレスアップを

 

袖部分から肩の部分になります

草丈の高いコスモスを

こだわりをもって描いた作品です

センスの良さが光ります

 

横須賀市にある「くりはま花の国」では

9月初旬から10月下旬まで

100万本のコスモスが咲く

コスモス園で「コスモツまつり」が

開催されますよ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:51 | - | - |
はんなりと京友禅の訪問着

1968年(昭和43年)7月1日に日本で

郵便番号制度がスタートしたのにともない

新しい制度を周知徹底するために

郵便番号記念日が設けられました

3桁、5桁で始まった郵便番号も50年になり

現在は7桁になっています

人手によっていた仕分け作業を自動化して

番号を読み取り配達地域ごとに分ける装置が

世界で始めて日本で開発されました

 

匹田絞り(ひったしぼり)の

やさしい色が

はんなりとした上質感をつたえてくれる

京友禅の訪問着です

 

絞りの部分の近接になります

一粒の絞りには木綿糸を4巻きして

独特の立体感が生み出されます

 

上前の柄部分になります

絞りをメインにして

古典柄の友禅を添え

品格のある訪問着に

 

やさしい色で表された雲取り模様は

上品で優しいフォーマル・スタイルです

 

友禅部分の近接です

扇面にていねいな手挿しで

七宝模様が表された

京手描き友禅の逸品訪問着

魅力があります


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:00 | - | - |
淡いトーンがステキな訪問着

昨日の昼間の雪に

積もらないでと願ってしまいました

何とか積もらずによかったです

 

大岡川の桜は新しく植えられた

ジンダイアケボノの若木は満開ですが

ソメイヨシノはもう少しです

雪の中、見て来ました

 

桜はキモノの模様に好まれ

様々なデザインのキモノが作られています

 

一枝にこめた感性と

淡いトーンがステキな

加賀友禅の訪問着です

 

稲手明仁さんの作品「桜に古木」です

地色に溶け込むような

上品で優しい色使いの桜に

洗練された装いが

 

外側から内側に向かってぼかす

加賀友禅の特徴がでています

 

葉の色は虫食いに使う色目で

 

枝の下を霞のように流れるなボカシが

桜をいっそう引き立ててくれています

 

一枚の絵を見ているようです

 

後右袖の柄になります

スッキリとした

完成度の高い作品ですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:07 | - | - |
葵文様の訪問着がステキ

今年も「さざんか」が咲き始めたので

店頭に置いてみました

花数は多くありませんが大きいですよ

 

徳川家の家紋で用いられている葵の文様は

最も古い神社のひとつとされる

上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)の

神紋に用いられています

毎年5月に「葵祭り」が催されますね

 

葵の茎は光に向かって伸び育つ性質から

発展する縁起の良い文様とされています

 

上前の葵の葉には京友禅のていねいな仕事で

花の部分にはコマ刺繍その周りには金箔を

 

やわらかな緑色で表された葵の葉との

バランスがとってもいいです

 

後姿もステキに

右肩から背中心に伸びる茎と葉の

絶妙な色使い

 

エレガンスで晴れやかなシーンへ

 

華やかな場にふさわしい

空色の訪問着で

 

ひと際かがやく装いを


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:43 | - | - |
紗合わせのキモノ紗合わせ-02

いつのまにかセミの声にヒグラシが

季節は秋に向かっています

 

やさしい紫色いがステキな

紗合わせのキモノ

紗合わせのキモノ-02

 

紗の生地に縦ボカシを使い

下の絽生地に描かれた花を

引き立てる技法ですね

 

上前には萩とススキ(尾花)、垣根に菊を配し

紗の生地を通して季節を伝えるオシャレさ

 

見ているだけでも楽しくなります

 

 

右の下前にオミナエシ(女郎花)、

後ろ身頃の菊を引き立てるように

桔梗と萩の柄バランスも考えられています

 

右袖の後柄

ボカシの使い方が

いいですね

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:52 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile