Page: 1/3   >>
振袖をまとう、新しい私

2004(平成16)12月5日、関東地方で

季節外れの温帯低気圧が接近して、観

測史上初の12月の夏日を記録していま

す。今冬は、暖冬予想ですが??

 

お誂え振袖がお客様の元へ。

当店の染織へのこだわりを、大事に

しながら、お客様の表情を常に考え

て、制作した振袖です。

 

若い時代のキモノ制作への考え

から、今のキモノ制作へ大事な

こだわりは、「まとう楽しみ」

です。

 

お客様との接点があることが、

キモノに生命を込めるような

気がします。

 

多くのお客様に育てていただき、

やっと念願だった古典友禅の振袖

制作が完結しました。

 

妥協しない職人さんとの話し合い、

一枚の振袖のために草稿を何度も

描いてくださったメーカーさん、

そして喜んでいただけたお客様に、

育てていただき

心から感謝しております。

 

お客様の承諾をいただいております。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:25 | - | - |
お誂え振袖出来上がりました

1872(明治5)年11月28日に運上所の

呼称を「税関」に統一することが決定さ

れたのを記念した「税関記念日」です。

 

ご注文いただいていた手鞠の振袖、お仕立が

出来上がってきました。最高品質の京友禅振

袖の制作に立ち会えとことが、勉強になりま

した。

 

衿と胸部分の柄になります。

ピンク系の重ね衿を付けました。

 

裾の柄です。手鞠の柄バランスと

紐のあしらいを大事にしています。

 

右袖後の手鞠柄と紐の部分です。紐を一色で

染めると簡単な作業で済むのですが、細部ま

でこだわった伝統の技の積み重ねに。

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:09 | - | - |
お誂え振袖を制作します-08

1951年(昭和26年)10月26日、中国陸軍

18軍2500名余りがラサに入城すチベット

侵攻が行われました。

 

別注で制作した手鞠の振袖に、帯屋捨松

さんの袋帯「花絵本散らし紋」を合わせて

みました。

 

衿部分になります。

別注制作の刺繍衿を合わせています。

重ね衿は、明るいグリーン系を

予定しています。

 

全体の雰囲気を確認するために、

人体に仮着用しております。

 

本友禅で描かれた手鞠の振袖に

やさしい上質感をプラスした

コーディネートは、30歳くらいまでを

想定しております。

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:38 | - | - |
お誂え振袖を制作します-07

昨日、天皇陛下 即位の礼が行われました。

儀式で天皇専用の装束、黄櫨染御袍(こうろぜんの

ごほう)をまとった陛下と十二単(じゅうにひとえ)

を着た皇后さまが立たれました。

日本の気候(四季の変化)から生まれたキモノ

の重ね着から、平安時代に貴族社会で十二単や

束帯が生み出されました。

衣装の歴史を知ることでも、伝統は大事ですね。

 

別注で制作した京友禅の手鞠の振袖、

当店のこだわった部分を。

 

袖比翼にしました。

袖の内側の友禅で描かれた

手鞠です。

 

身頃の手鞠部分になります。

金駒刺繍で、豪華を演出しました。

 

手鞠柄の近接です。

さし色の濃淡のみどり、

宝尽くし紋様に細かい金駒刺繍、

細部のこだわりです。

 

紐の部分は、さりげなく手鞠に

動きを加えることを意識しました。

 

裾回しの部分にも

手鞠の柄を描きました。

日本画のような多彩な染め模様の

京友禅緒振袖が完成しました。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:02 | - | - |
お誂え振袖を制作します-06

2019年(令和元年)10月22日、天皇陛下が

即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(

せいでん)の儀」が行われます。

 

別注の振袖が出来上がって来ました。

黒地に手鞠模様の振袖、

多くの熟練した職人さんの技を

合わせて完成しました。

 

身頃の部分になります。

手鞠の大きさを通常の振袖柄柄に比べ

小さくしていますが、

紐の連続性で柄バランスをとっています。

 

上前身頃の柄部分になります。

お客様が喜んでいただきたい

気持ちで、全力で制作に挑みました。

 

上前の手鞠柄、近接になります。

 

たくさんの作家さん、職人さんに

支えられ染織の知識を積んでこれました。

まだまだ勉強不足ですが、お客様の

お役に立てるよう、歩ませいただきますので

応援をよろしくお願いいたします。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:17 | - | - |
お誂え振袖を制作します-05

1971年(昭和46年)9月17日、日清食品が

世界初のカップ麺「カップヌードル」を発売

しました。欧米でラーメン用どんぶりがなか

ったので、紙コップにチキンラーメンを割り

入れて湯を注ぎフォークで試食する姿が発想

だったそうです。

 

当店の別注振袖も色挿しが出来上がり、

柄に沿って細い金線を入れる作業に入り

ました。

 

全部の柄に細い金線を入れていきます。

職人さんの技の冴え、邪魔をしないよう

撮影させていただきました。

 

インクジェットの時代ですが、

技術の伝承も大事なことです。

一流の職人さんたちのためにも、

そして発注されたお客様に

最高の慶びをお届けさせていただきます。

 

「挿し彩色」「蒸し」をして色を定着させ

ます。そして「ゴム水洗い」「水元」

の工程を経て、「刺繍加工」に入ります。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:48 | - | - |
お誂え振袖を制作します-04

1948年(昭和23年)8月17日の夜に、

日本のプロ野球史上初の

夜間試合(ナイター)が、

横浜ゲーリック球場【横浜公園平和野球場)で、

読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズの

試合が行われました。

 

お客様の身長に合わせて、

手鞠の柄をいくらか小さくすることに。

再度、意匠デザインを描き直して

いただきました。

 

糸目置(いとめおき)は、

糊で模様の輪郭を描く作業です。

細い筒の中に糊を入れて、

指先で絞り出すので、

糸のように細い線が描けます。

 

糊布せ(のりぶせ)は、

模様を防染する作業になります。

染料が他の色と混ざらない

ようにします。

 

地染(じぞめ)の作業になります。

黒の振袖になるので、

地染が大事な工程になります。

 

黒の地染めが無事に終わりました。

これから蒸しをします。

たくさんの制作工程の一部分ですが、

大勢の職人さんの手によって

京友禅が完成していきます。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 05:47 | - | - |
お誂え振袖を制作します-03

お誂え振袖の制作をお受けして、

お客さまとの打ち合わせが

頻繁になってきます。

昨日は、大事な生地を選んでいただきました。

 

当店で扱う白生地は、絽、単衣、袷の

3種類で、長さは12.5m前後です。

色無地用の白生地で長さが16mになります。

 

振袖用の白生地は袖の長い部分と、

裾回しの部分が必要ですから

21.5mになります。

現在の振袖はインクジェットの製品が

主になりますので重めの

このような生地は、あまり使用しません。

 

かわいらしい小花と紗綾形(さやがた)地紋の

駒どんすの生地になります。

 

大きい紗綾形地紋の

どんす生地になります。

 

お決めいただいた、

小ザヤ本紋生地になります。

 

小ザヤ本紋生地の

近接になります。

 

お客様に感動していただけることが

当店にとって、なによりのご褒美です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:00 | - | - |
お誂え振袖を制作します-02

「大岡川の桜染め発表会」初日、

多くのお客様のご来場をいただき、

ありがとうございました。

 

5月1日のブログから一ヶ月、

手鞠振袖の意匠デザインが

出来上がりました。

 

背から下前のデザインになります。

身長・体型を考慮した、

バランス配置になっております。

 

右袖の意匠デザインです。

 

左袖の意匠デザインになります。

「訶梨勒(かりろく)」の

イメージを手鞠に合わせて、

紐の部分を追加してみました。

訶梨勒(かりろく)は書院の柱飾りとして

室町時代ごろから邪気を祓うと

いわれ飾られていました。

出来上がりは、11月頃の予定です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:20 | - | - |
お誂え振袖を制作します-01

2019年(令和元年)5月1日は、

「天皇の即位の日」。

日本国の新天皇が皇位を継承したことを

日本国の国内外に示す国事行為です。
 新天皇の即位に日本国国民が祝意を

表するために祝日となりました。
(2019年限定の祝日)

 

令和元年の初仕事に。

気に入った振袖が見つからないと、

二度目のご来店のお客様。

ご来店時は、ちょっと困った

お顔でした。

 

手鞠柄のデザインの近接になります。

こんなデザインをご用意しておりますと

お見せしました。

 

お客様が、「えっ」、びっくりなされ、

感激していただけました。

お客さまに喜んでいただけることが

お店の原動力です。

 

地色も、黒に決定しましたので、

休み明けから準備に入ります。

小さなお店ですが、

ご要望に応える引き出しは、

たくさんありますので

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:11 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile