Page: 1/19   >>
2019ゆかたを楽しみましょう-02

1969年(昭和44年)5月17日、

押しボタン式電話機の600-P形が

発売され、公募から「プッシュホン」

と愛称が命名されました。

 

紺地の新江戸染ゆかたに、

手織りの八重山みんさー

半巾帯を合わせてみました。

織人は寄合さんです。

 

竹の部分は、白ではなく

生成り色になります。

竹林を抜ける風と、

撫子と萩の季節感が

ステキなゆかたです。

 

草木染・化学染併用の

八重山みんさー半巾帯を

合わせてみました。

新裕さんの制作です。

 

草木染・化学染併用の

八重山みんさー半巾帯を

合わせてみました。

新裕さんの制作です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:06 | - | - |
2019ゆかたを楽しみましょう

お誂えのゆかたは、仕立ての期間が

手縫いのため約1ヶ月かかりますので、

お気に入りのゆかたは、

早めの準備で。

 

優しい雰囲気ですが、

個性のある新江戸染ゆかたに

手織りの首里道屯織半巾帯を

合わせてみました。

 

鮮やかな黄色が映える

道屯織は仲宗根綾さんの制作で、

組成は、綿100%になります。

 

織屋にしむらさんの

四寸三分単衣帯

「紗 悦」を合わせてみました。

 

涼感が伝わる、

5色の水玉が印象的です。

織り人は、轟みゆきさんです。

品質表示 絹100%。

 

手織りの八重山みんさー

半巾帯を合わせてみました。

 

みんさーの

鮮やかなブルーは、

草木染・化学染併用で。

新裕さんの制作、

組成は、綿100%になります。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:15 | - | - |
女性・男性も楽しめる広巾ゆかた

今日は、長良川の鵜飼い開きです。

鵜飼いは、鵜匠ひとり、中鵜使ひとり、

船頭ふたりで構成されており、

つないだ鵜に鮎を捕らせる

伝統的な漁法。

その歴史は古く、中国の史書『隋書』

倭国伝に7世紀初めに鵜に首結いをつけて

魚を捕獲したと記されています。

 

広巾、長尺の新江戸染ゆかたに

手織りの八重山みんさー半巾帯を

合わせてみました。

 

森博多織さんの

角帯「荒磯」を

合わせてみました。

 

博多、織屋にしむらさんの

小袋帯「趣悦」を合わせて、

スッキリとしたモダンな

印象がステキです。

 

博多、織屋にしむらさんの

「段浮格子」角帯を

合わせてみました。

 

西村織物さんの角帯

「大内両面」を

合わせてみました。

紺、黒、茶の献上柄が

定番だった以前とちがい

緑青色(ろくしょういろ)が新鮮です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 05:39 | - | - |
東レセオ・アルファ素材ゆかた

クールでドライな素材

東レのセオ・アルファを

使用したゆかたです。

 

杜若(カキツバタ)と

水の流れを組み合わせた

サラサラとしたドライ感で

清涼感のある着心地です。

 

手織りの八重山みんさー

半巾帯を合わせてみました。

 

柄部分の近接です。

単衣のキモノとしても

お召しいただけるような

柄付けです。

 

博多、井上絹織さんの

単衣四寸帯を合わせて

メリハリのある装いに。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:23 | - | - |
乱絽ゆかたの帯合わせ

1954年(昭和29年)4月28日に、

明治製菓株式会社から

日本初の缶ジュース

「明治天然オレンジジュース」が

発売されしまた。

発売された「缶詰」のジュースには、

現在のように缶を開けるプルトップは

付いていないので、

缶切りで開ける必要がありました。

 

スッキリとした新江戸染めの

乱絽ゆかたに「八重山みんさー」

半巾帯を合わせてみました。

 

乱絽の生地質が伝わるよう、

近接してみました。

 

ベネチアンガラスの帯留で

さりげないオシャレさを

 

織屋にしむらさんの

小袋帯「趣悦」を

合わせてみました。

 

織屋にしむらさんの

四寸三分単帯「悦」を

合わせてみました。

 

蘭からふ工房さんの

「グーシハナウィ」半巾帯を

合わせてみました。

単色ゆかたは、帯合わせが楽しめる

魅力がいいですね。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:22 | - | - |
2019ゆかたが楽しい-02

4月18日は、産業財産権制度の普及・啓発を

図ることを目的として1954年(昭和29年)に

制定された「発明の日」です。

現在の特許法にあたる「専売特許条例」が、

1885年(明治18年)4月18日に公布された

ことに由来しています。

 

10代が着て楽しめる

柄の大きさがちがう

2反のゆかたです。

 

花火と団扇を染め上げた

小柄の新江戸染ゆかたは、

大人でもステキですね。

 

近接になります。

花火のデザインが大人カワイイ。

ボカシを入れた団扇には、

トンボと朝顔、夏の定番です。

 

小さなメルヘン調の花が

楽しい源氏物語さんの

ゆかたになります。

 

近接になります。

若紫の花の色が

アクセントに。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:08 | - | - |
2019ゆかたが楽しい

1983年(昭和58年)4月15日、アメリカ国外では、

当時初となる「ディズニー・テーマパーク」、

「東京ディズニーランド」が開園しました。

2001年(平成13年)9月4日には、

第二パーク「東京ディズニーシー」も開園し、

平成29年度の入場者数が計3010万人に。

 

10連休は、ゆかた選びがおすすめです。

店内は、今ゆかたが一番揃っています。

アジサイ、百合、クレマチスとダリアで

花を意識してみました。

 

生産数の少ない

「新江戸染」ゆかたを主に、

「源氏物語」等の発注したゆかたが

全部入荷しています。

マイサイズのお誂えゆかたが

おすすめです。

 

藤井絞さんの「雪花絞」、

大西新之助さん「新之助上布」

吉新織物さんの「小千谷ちぢみ」等

麻のキモノも充実しています。

 

モダンな格子が特徴の「新之助上布」に

手描きの本麻なごや帯を

合わせてみました。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:35 | - | - |
単衣から夏の快適素材セオ・アルファ

1911年(明治44年)4月3日に東京都中央区の日本橋川に

架かる国道の橋「日本橋」が完成しました。国の重要文化

財で、日本の道路元標があり、日本の道路網の始点となっ

ています。5月2日(木)〜6日(月)に日本橋三井ホール

COREDO室町1で「東京キモノショー」が開催されます。

応援をよろしく、お願いします。

 

東レ セオ・アルファ素地を使用した、

ポリエステルのゆかたです。

綿素材、綿麻素材、麻素材を

中心に取り扱いますが、

新鮮な色使いに魅了されましたので、

お店の仲間入りに。

 

柄部分の近接になります。

やわらかさのある、花の色

これからの時期に合いますね。

 

反物巾に10個の市松模様の花

デザインとしても新鮮です。

 

汗をサッと吸い取り、

すばやく発散して、

清涼感のある着心地が特徴の

東レ セオ・アルファゆかたは、

男性用もあります。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:12 | - | - |
藤井絞さんの「雪花絞」

1972年(昭和47年)3月21日、奈良県高市郡明日香村(たかいち

ぐんあすかむら)の高松塚古墳の石室が検出され、鮮やかに彩色

された壁画が発見されました。

壁画は石室の東壁・西壁・北壁(奥壁)・天井の4面に存在し、

切石の上に厚さ数ミリの漆喰を塗った上に描かれており、

国宝に指定されています。

 

伝統柄をモダンにデザインした

藤井絞さんの「雪花絞」です。

 

「雪花絞」ブランドとして

人気のゆかた、お仕立ての

期間を考慮して早めの発表に

 

柄部分の近接です。

従来の意匠を尊重しつつ、

デザイン性を追及しています。

 

さらに近接してみました。

こだわりが、わかります。

品質表示は、綿50% 麻50%

 

「着やすい、涼しい、手入れがしやすい」ことにこだわり、

綿麻の生地を使用しています。

綿100%の絞りに比べ、絞り部分のに「にじみ」が

魅力ですね。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:58 | - | - |
2019年のゆかたは個性的ゆかた-03

アメリカ合衆国出身の日本文学研究の

第一人者で、2008年の文化勲章受章者の

ドナルド・キーン氏が24日死去しました。

2011年の東日本震災を契機に、

永住のため来日し日本国籍を取得し、

多くの英語圏で日本の文学研究者を育て、

多大な功績を残された人です。

 

スッキリしたデザインが魅力の

紺瑠璃(こんるり)地の百合のゆかたです。

 

反物巾になります。

百合は、ゆかたではよく染められていますが、

このゆかたは、プロ好みですね。

 

いま、咲こうとする蕾のふくらみ

この微妙な曲線が、すごいです。

にじみも無く、染め上げる職人の技も

すばらしい。

 

百合の4つの蕾で咲くまでの物語を

想像させ、微妙な大きさの変化がある

4つの百合の花が、ひかえめな華やぎを

演出してくれます。

 

透明感のある、

乱紅梅の生地を使用しています。

花弁の色のアクセントも

完成度が高い東京染ゆかたです。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:27 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile