Page: 1/14   >>
極小の美を求めた江戸小紋

今日10月14日は「鉄道の日」

明治5年9月12日(新暦1872年10月14日)に

新橋駅と(後の汐留貨物駅、現・廃止)と

横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)とを結んだ

日本初の鉄道(東海道線の一部)が開業しました

1970年(昭和45年)のこの日、旧国鉄の

旅キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」が開始され

「いい日旅立ち」など多くの話題を集めました

 

江戸小紋の柄は、大名家で好まれた

格の高いものから、細密な縞や幾何学柄、

しゃれ柄まで数百種を数えます

幾何学柄の「割付け菱十字」になります

 

遠目には無地かと見紛うほど簡素で

慎ましやかですが

近づいてみると巧緻な手技の裏付が

 

文様が視点の移動によって

表情を変化させていきます

ここが江戸小紋の最大の魅力です

 

「割付け菱十字」の近接になります

錐彫り(きりほり)で表された菱文様の緻密さ

そしてこれを染めあげる技とで

極小の美に

藍田愛郎さんの作品


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:13 | - | - |
「藍田工房と洛風林の帯」明日から始まります

今日は、国内最大の卸売り市場となる

豊洲市場が開場します

物流機能の向上や輸出拠点の役割に

期待されています

現在は、農林水産品で市場を通さない取引(産直)は

水産品で48%、青果で42%もあります

 

 

藍田正雄さんと藍田愛郎さんの

二人の江戸小紋作品を中心に

金田さん、田島さん、保科さんも含め

現在の江戸小紋をご覧頂けます

合わせる帯には、洛風林さんで

 

今日ご紹介する江戸小紋は

赤城の座繰糸を使用した

藍田正雄さんの「変わりお召十」です

 

近接になります

■と十の緻密な染めに

技のすごさが伝わってきます

 

赤城の座繰糸を使用している紬生地です

節がありますので、型紙が浮き上がり

染めるのが大変難しくなります

 

柿渋染なので、独特の深みのある

藍田正雄さんが大好きだった

「静かな江戸小紋」

明日から始まります


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:01 | - | - |
柄の数を楽しむ江戸小紋

今日10月8日は、寒露(かんろ)になります

寒露は二十四節季の第17で露が冷気によって

凍りそうになるころで、雁などの冬鳥が渡ってきて

菊が咲き始め,こおろぎ等がなき始めるころとされています

でも、昨日の10月とは思えない気温の30度超えに

季節感のズレも

 

左の紅葉と右の菊模様で

季節を感じるのも楽しい江戸小紋は

二代目 金田昇さんの作品です

 

約300柄を一反に染めて

モダンな組み合わせで

おしゃれが楽しい季節に

 

縁起の良い宝尽くし模様も

きれいに染められています

危険な事物から身を守ってくれる蓑(みの)

願をかなえてくれる打出の小槌

秤で金の重さを測る分胴は富の象徴

知恵・知識の巻物

勝負の采配を決定づける軍配

宝の倉庫の鍵の宝鍵は富の象徴として

この型紙では他に

豊作と商売繁盛の俵積と

めでたいの鯛があります

この二つを入れた宝尽くしも魅力です

 

円形が連鎖して繋がる七宝柄には

円満、調和、ご縁などの願が込められた

縁起の良いがらです

七宝は、仏教の教典に出てくる

七種の宝(金、銀、瑠璃、水晶、しゃこ貝、珊瑚、めのう)を

あらわしています

 

浜ちりめんの1等品を使用して

質感もしっかりとしています

それぞれのシーンで映える

エレガントスタイルで


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:28 | - | - |
江戸小紋 in 京都にフランス縞を特別出品

9月28日は「世界強狂犬デー」で

2006年(平成18年)に発足した

狂犬病予防連盟が制定しました

現在においても未だに多くの国で

深刻な健康上の問題となっていて

多数の犬がワクチン接種を受けていない

アジア、アフリカ等の地域で発生しています

 

今日からの3日間、京都四条で始まる

江戸小紋展に特別出品する

藍田愛郎さんのフランス縞です

昨年の日本伝統工芸展に出品した

作品になります

 

微妙に曲がった縞と

不連続が魅力です

 

近接になります

昨年の伝統工芸展では

ここまで近づいて見れませんでしたが

技の冴が素晴らしく感動的な作品ですね

 

今回の江戸小紋展には

3点の特別出品を予定しています

ぜひ会場でお楽しみ下さい

 

なお会場では作品に手を触れないように

ご協力をお願します

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:48 | - | - |
藍田愛郎さんの工房へ

昨日は、群馬県の高崎市郊外にある

藍田愛郎さんの工房をおたずねしました

仕事場に入れたいただき

見本反で江戸小紋の染を

見せていただくことに

 

見本の白生地を染め台に載せる

ところから始まります

台には薄く餅糊が付いていますので

霧を噴いて湿らせてあります

 

均等な力でヘラを使い

糊置き作業の開始です

実際には、この作業を90回前後続けます

 

縞の型紙を使って染めていただき

縞を合わせる技を見せていただくことで

藍田正雄さんのお名前を引き継いだ

「センスと力」を感じました

 

藍田正雄さんの貴重な江戸小紋の資料も

引き継がれています

初めて見せていただいた江戸時代の

五つ紋の江戸小紋は

紋が大きいので男性のキモノですね

中央に四角の布を置いてみました

 

染められている文様は

柳に雨滴です

 

袖から見つかった5枚の四角い布は

五つ紋を隠して正式な場所以外に

行く時に使われてたと

糸がついているので想像できます

 

伊勢型紙縞彫の人間国宝

児玉博さんの制作途中の型紙です

こちらも見るのが初めて

とってもいい勉強をさせていただきました

 

時間が経つのも忘れ

高崎駅発の17時42分の新幹線に乗るのに

高崎駅に入場が17時39分

キモノで走って走って 走って

なんとか間に合いました よかった


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:08 | - | - |
藍田愛郎さんの江戸小紋

1964年(昭和39年)9月17日に

日本初の旅客用モノレール、

東京モノレールが

浜松町〜羽田空港間で開業

そして、1964年10月10日から10月24日までの15日間

東京オリンピックが開催されました

 

藍田正雄さんの工房を引継がれている

藍田愛郎さんの作品

藍田正雄さんの一番弟子

田中正子さんの息子さんです

大学卒業後、藍田正雄さんに

弟子入りを願い入門しました

 

日本工芸会の新人賞も取られており

正会員になっています

難しい縞を染める技術も

師匠の技の域に

 

伊勢型紙彫師内田勲さんの「露草に蝶」の

伊勢型紙を使って制作した

当店オリジナル作品です

 

色にもこだわり

柄の浮き上がりを意識しました

 

藍田正雄さんから

跡継ぎである藍田愛郎の名前を

いただいて13年になります

これからの成長がが楽しみの小紋師に


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:17 | - | - |
趣きある霞柄の江戸小紋がオシャレ

1945年8月6日午前8時15分、広島市に原爆が投下され

瞬時に20万余の人名が奪われ、被災者数はおよそ36万人余

とされています。この日、広島では犠牲者の霊を慰め

世界の平和を祈念する

「広島市原爆死亡者慰霊式並びに平和記念式」が行われ

この夜、市内の各河川で灯籠流しが行われます

 

藍鉄色の「錐霞(きりがすみ)」の拡大部分です

錐彫(きりぼり)は小さな点で模様を表現する技法で

刃先が半円形の彫刻刀を垂直に立てて

回転させながら孔(あな)を彫っていきます

 

霞の感じが伝わるよう

反物の巾で撮影しました

 

錐彫りで表される代表的な柄には

鮫、行儀、通しなどがあります

藍田正雄さんですと「山々(やまやま)」です

 

山吹色の「角あられに霞」の拡大部分になります

一般的には「大小あられ」に使われる

丸い形が知られていますね

 

反物の巾で撮影しました

 

友禅染のぼかし技法で表される「霞模様」を

江戸小紋でモダンに表現し

新しい風が吹き始めています

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:09 | - | - |
江戸小紋の「鮫」を金田昇さんに染めてもらいました

今日お盆の入りで、夕刻に迎え火をします

お盆は夏に行われる祖先の霊を祀る行事で

祖霊信仰と仏教が融合した行事です

横浜では、8月の旧盆でする地域も多くあります

 

二代目 金田昇さんに依頼していた「鮫」が

出来上がって来ました

江戸小紋の代表的な三柄は

「江戸小紋三役」とも呼ばれる

「鮫(さめ)」「行儀(ぎょうぎ)」「通し(とおし)」で

「鮫」は三役の一つになります

 

鮫の皮のような半円を重ねた文様の

鮫小紋は肩衣や裃の文様として使われた

最も古い小紋の文様の一つです

江戸時代に紀州徳川藩の裃(かみしも)の柄として

定めた小紋柄「定小紋(さだめこもん)」としても

知られています

 

遠目には無地に見えますが

細かい柄ほど格調があるとされる

江戸小紋のなかでも

最も人気があります

 

最高級の光沢のある浜ちりめん生地に

染めることでやさしい品格と

美しさを演出

 

鮫小紋には3cm四方に約900個の孔が彫られた

型紙で染めた「極鮫」と「並鮫」があります

今回紹介しているのは「並鮫」になります

「極鮫」は染めの難易度が高くなりますが

「並鮫」でステキな江戸小紋を

お見せしたいと思い依頼した作品です

 

柄が細かい江戸小紋は

帯しだいで

さまざまなシーン

また、幅広い年代で楽しめます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:06 | - | - |
夏の江戸小紋がオシャレ

今日は七夕です

湘南ひらつか七夕まつりの

夜空を彩る錦の七夕飾り

今日がオススメです

 

オシャレ感ときちんと感のある

夏の江戸小紋

涼感が伝わる栗色の万筋が

魅力的です

 

型紙を使って染めた

夏の江戸小紋

本物にこだわり続けることが

お店の信念です

 

生地は新潟県五泉産

緯糸5本ごとに絽目(すきま)が通っている

「5本絽」を使用しています

 

透け具合がステキな

田島敬之さんの作品です

帯び合わせも楽しみに


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:25 | - | - |
藍田正雄さんの作品を京都で

皆さん、こんばんは。

 

今回は、京都出張のご案内です。

 

何度かこのブログにも書きましたが、6/1(金)6/2(土)と京都に行きます。

主だった目的は仕入れなのですが、せっかく京都に行くなら。。という事で、 江戸小紋師 藍田正雄さんの作品を

持って行き、小さな作品展を開催します。

 

 

以前より、ブログをご覧頂いたお客様から藍田正雄さんの江戸小紋について多くのお問い合わせを頂いて来ました。

が物理的な距離もあり、中々作品をご覧いただけないことも多くありました。

 

おそらく当店は、現在 藍田正雄さんの作品を一番持っている呉服店です。

藍田正雄さんとの20年以上に渡るお付き合いの中で集めてきた作品をご覧いただける貴重な機会です。

 

会場も、京都 河原町近くを抑えました。アクセスも良いので、ぜひ遊びにいらしてください。

 

藍田正雄、愛郎さんの作品の他、当店の創業60年を記念して、当店だけに染めて頂いたタペストリーもご覧頂けます。

 

 

 

この作品展の詳細については、当店のウェブサイト http://kurumaya.tv/news/aidamasao-kyoto

をご覧下さい。

 

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 19:53 | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile