Page: 1/2   >>
流水に松の付下げに帯を合わせる

1948年(昭和23年)11月26日に

ポラロイド社が世界初のインスタントカメラ

「ポラロイド・ランド・カメラ」を発売

インスタントカメラと言えば

ポラロイドでした

最近はその場の雰囲気を楽しめるので

FUJIFILM のチェキや

Leicaのライカゾフォートが人気です

 

流水に松の付下げに

経錦の人間国宝

北村武資さんの「正倉院花文」袋帯を

合わせてみました

 

白上げの流水に

経糸の浮き沈みで表された

正倉院文様が奥行きのある

上質感を演出しています

 

腹文になります

わずかに使われている、細い金糸によって

立体感が出されています

 

澤屋重兵衛さんの

「雲取菊」袋帯を

合わせてみました

 

腹文になります

コントラストを付けた装いで


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:43 | - | - |
すっきりとした流水に松の付下げ-02

11月24日は、オペラの日です。

1894年(明治27年)、宮内省式部付属

音楽学校(東京芸術大学)奏音堂で

オペラが上演されたことに由来しています

新国立劇場の「ドン・ジョヴァンニ」

オペラ鑑賞を来年の目標に

 

「流水に松」の上前オクミと身頃になります

金と白上げで表された松が清清しいですね

 

上前オクミになります

白上げの流水文様が

とても巧みです

 

前身頃の松になります

 

松の近接になります

ていねいな刺繍により

上質な存在感を

醸し出しています

 

3年がかりで、扱えるようになった

「流水に松」をきちっとお伝えできればと

2回ににわけました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:46 | - | - |
すっきりとした流水に松の付下げ

今日11月23日は、勤労感謝の日

「勤労をたっとび、生産を祝い、

国民がたがいに感謝しあう」ことを

趣旨としています。

1873年(明治6年)から戦前までは

「新嘗祭(にいなめさい)」として祝日で

戦後葉、勤労感謝の日として

現在まで続いています。

 

すっきりとした「流水に松」は

色数をひかえ、気品ある上質感を

表しています

上前身頃部分になります

 

白上げの松に、淡い緑を挿すことで

格調の高い付下げになっています

 

袖の柄になります

手描きで表された

やわらかな流水文様が魅力

 

肩の柄になります

初釜、新年会に

シンプルな都会的センスがステキですね。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:17 | - | - |
吹き寄せ柄の付下げ

10月30日は、香りの記念日で

石川県の七尾市が制定しました

宝尽くし文様の一つに丁子(ちょうじ)が

あります。丁子は高貴薬で香料として

古くから知られていて、正倉院御物の

中にもあり、家紋にも丁子紋があります。

香りの文化には、歴史がありますね

 

やわらかな色彩で

繊細に描かれた

吹き寄せ柄の付下げで

ワンランク上の洗練を

 

上前部分の近接になります

季節を感じるキモノの柄も

ステキです

 

さりげない上質感が

伝わってくる紅葉は

丁寧な手刺繍が施されています

 

オクミを合わせた上前になります

無地感の落ち着いた付下げですが

精緻に描かれた吹き寄せ文様が

品の良さを感じさせます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:34 | - | - |
濃い地の付下げが魅力的

昨日の若宮八幡宮の大人神輿渡御

無事に事故もなく終える事ができ

後片付けをして午後8時に帰宅しました

たくさんの人にお手伝いをしていただき

町内会パワーに感謝

 

深みのある焦茶地に

雪輪と松を取り合わせた

京友禅の付下げです

 

雪輪部分には金箔加工でアクセントをつけ

さりげないオシャレな雰囲気が魅力です

 

肩の部分は雪輪の中に

菊を配した古典模様です

 

この付下げの一番の魅力は

図案化された大きな二つの松に

小さな松を組み合わせたデザインです

 

袖部分になります

祝賀会・茶会・同窓会・パーティ・観劇など

秋麗の日を彩るお出かけ着にお勧めです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:47 | - | - |
やわらかなトーンの付下げ

やわらかな色のキモノを

探されているお客様が多くなっていますので

やわらかなトーンの付下げを

 

淡い青磁色の十日町友禅の付下げの

前身頃部分です

友禅は京友禅と新潟県の十日町友禅が

二大産地になります

 

奈良時代に東大寺の正倉院に収蔵された

工芸品や染色品に表された正倉院模様で

「宝相華(ほうそうげ)」文様

 

「宝相華(法そげ)」は想像上の花の文様で

華麗な花模様を意味し

正倉院文様を代表する意匠のひとつです

 

花の中央には丁寧な駒刺繍が

施されています

 

上前から後身頃に8つの

宝相華文様が配されています

上品な豪華さですね

 

肩の柄部分には

蔦唐草花の丸文様と

小さめの宝相華文様に


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:17 | - | - |
黄色の付下げをまとふ

黄色は、黄みを帯びた肌の日本人に合う色として季節を通じて

人気があります。小柄な松と菊でボリューム感を出して、春の

桜、秋の桔梗を添えて上品にまとめ上げています。

黄色の付け下げ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:32 | - | - |
ドレッシィな付下げ

黒地に花丸模様が印象的な付下げに豪華さのある袋帯で。象牙色の唐花

模様の付下げには、豪華さと上品なやさしさがある袋帯に。ドレッシィ

な付下げで洗練された印象を。

付け下げを楽しむ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:41 | - | - |
京友禅の付下げ
黒地に花丸模様の京友禅付下げ。手描きのきちっとした友禅、ながく大事に
していただけるお客様の宝物になると思います。菊と牡丹の葉の部分、梅の
花部分に鹿の子模様を配し柄に立体感を加えています。地色に対する柄の色
使いが上品さを醸しだしています。すばらしい作品です。
京友禅の付下げ

一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:11 | - | - |
弥生の詩-02
純国産日本の絹の白生地を使用した、オリジナル付下げ「弥生の詩」です。桜の花を青色
を使って表現しました。白の花を入れる事により、青色の桜が引き立ちます。キモ
ノが好きな人が増えていただければ、そんな思い出制作しました。
弥生の桜

一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:37 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile