Page: 1/3   >>
織のコートでエレガンスに-02

11月11日は「西陣の日」

応仁の乱(1467年〜1477年)の戦火が治まり

全国に散っていて織手達が京都の西軍の大将で

あった山名宗全の構えた戦陣跡辺りに住みついて

機音を響かせたのが11月11日と

西陣織と呼ばれる由来も、ここから始まりました

 

精緻な正倉院模様を

織で表したコート地は

山形県米沢の佐志め織物さんで

織られています

 

先染めの絹糸を使い

複雑で繊細な紋織りは

職人の確かな技術と勘を必要とする

アナログなジャガード織機で

織り上げられています

 

柄部分の近接になります

長年使い込まれてきた

ヴィンテージ織機から生まれる

繊細な上質感が伝わってきます

 

花市松の羽裏を合わせてみました

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:51 | - | - |
はおりものの会が始まりました

今日11月10日は、エレベーターの日

1890年(明治23年)東京・浅草に高層建築物の先駆けとして

レンガ造り12階建ての「凌雲閣(りょううんかく)」が完成し

日本初の電動式エレベーターが設置され

開業時には「日本のエッフェル塔だ」と

多数の見物客で賑わったそうです。

凌雲鶴は1923年(大正12年)9月1日の

関東大震災により全壊しています。

 

コート・羽織に向く柄を集めて

ご提案させていただく、はおりものの会

それぞれのシーンで映える

モダンスタイル・エレガントスタイルで

 

左はラメ入り生地のモダンスタイル

右は立ち姿が映えるエレガントスタイル

 

華やかな地紋が映える

無地感覚の装いも

ステキですね

 

光沢のある生地に

バランスよく配された

地紋が魅力です

 

柄部分の近接になります

 

右が裏地になります

さりげない上質感を


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:31 | - | - |
織のコートでエレガンスに

11月7日は立冬です

二十四節季の第19で

秋が深まり冬の気配が経ち始める日に

秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を

基準に季節を区分する場合は

この日から立春の前日までが冬に

 

染で表現できない微妙な

味わいを織で表現したコー地です

 

浮き上がる正倉院模様からは

古典模様の上質感が伝わってきます

 

柄部分の近接になります

優れたデザインの追及に

こだわったメーカーの姿勢が

すばらしい

 

羽裏を合わせてみました

無地を合わせるのが一般的ですが

オシャレさを大事に

 

撥水加工済みですから、小雨でも大丈夫です

コートとして、究極の雨コート兼用にも


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:48 | - | - |
唐花の羽織を制作しました

今日、明日は、大岡川の桜も見ごろになり

花見の人で大分混雑しそうです

大岡川に桜が植えられたのは1970年頃ですから

ソメイヨシノの樹齢から考えると

良く頑張って咲いてくれています

 

気に入った羽織をさがし続けていましたが

市場に存在しないようなので

制作することに

 

絹鼠(きぬねず)色の地に

唐花と蔓を配した模様は

さりげない上質感を伝えてくれます

 

生地の地紋をいかした

スッキリとした唐花に

さりげないおしゃれ感が

 

前の部分です

キモノに合わせたときに

色のもつ影響力を考慮した

柄付けに

 

単衣の羽織としてもいいですね

 

羽織の裏地はとても大事ですから

表と同じ手描きで制作しています


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:13 | - | - |
長羽織・コート用の裏地がオシャレに

これからの冬本番、コートや羽織が

活躍する季節です

 

オシャレな裏地は

表をより一層

引き立ててくれますね

 

縁起の良い松のなか、から松文様の裏地です

紫、白、緑の3色で表された

中心の新芽から放射線状に広がっていく直線と

松の葉先を感じられる丸文の組み合わせが

良いですね 長襦袢地もあります

 

用尺:6.3m

 

淡いピンクに花丸文様が印象的な裏地です

地色引き立てるように

同系色で表された文様が魅力的

 

6色で表された花丸文様

そして柄の絶妙な大きさは

裏地だけに長年こだわっている

老舗の心意気が伝わってきます

 

用尺:5.7m

 

雲取り文様に秋草と桜の墨濃淡の裏地です

さりげない墨描き感がある萩、桔梗、紅葉は

大正友禅の魅力

 

墨濃淡の桜と菊文様

長襦袢に仕立ててもステキです

 

用尺:6.3m

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:10 | - | - |
コートを楽しむ-03

礼装用として、おしゃれコートとしても使える織のコートです。細い糸を

使い細かい正倉院模様を織り出しています。後染とちがった微妙な味わい

を楽しめます。風や雨を通しにくいので、寒いこの時期もおすすめです。

コートを楽しむ-03


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:42 | - | - |
コートを楽しむ-02

紫のぼかしが印象的になるように柄合わせすると、反物巾で見ている時

よりも色の強さがやわらぎます。ちょっと長めのコートにおすすめです。

コートを楽しむ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:00 | - | - |
コートを楽しむ

寒さが本番です。コート用で用尺がありモダンな柄って、なかなか見つ

けられないですね。ちょっとオシャレさを追求した個性的なコート地を

集めてみました。コートはちょと目立ってもステキですよ。

コート


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:34 | - | - |
春からのコート

強い寒波で冬本番ですが、一足速く春からのコートを。唐草に鳳凰文様

を織り込んだエレガントな塵除けコートです。春のお出かけにおすすめ

の一枚、盛夏以外の夏場にも。

単衣コート


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:03 | - | - |
コートの季節に

風が冷たく感じる季節になってきました。コート地も小紋から作る場合

と数は少ないですがコート専門地もあります。画像は絞りの加工をした

コート地、ずっしり感のあるコート地が多い中オシャレさもあり、生地

が重すぎないので、おすすめです。

コートの季節に


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:16 | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile