Page: 1/2   >>
地紋を楽しむ色無地

1994(平成6)年12月15日に、清水寺・平等

院などの「古都京都の文化財」が日本で5件

目の世界遺産として登録されました。京都

市、宇治市、大津市の2県3市に点在する構

成資産17件から成っています。

 

光沢感のある生地に浮かび上がる模様が映

え、華やかさのある色無地です。

 

紺碧のペイズリー模様が

目を引きます。

 

おしゃれセンスが楽しめるのも

色無地の魅力です。

 

壽光織さんの三眠蚕糸を使用した「正殿の彩」

は、伝統の格式がある正倉院模様の一つ「唐

織草花紋」の地模様を配しています。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:43 | - | - |
色無地の帯合わせ-02

1959(昭和34)年12月13日にラジオ東京

テレビで「兼高かおる世界の度」が放送開

始されました。1990(平成2)年9月30日ま

での30年10ヶ月の長寿番組でした。

 

空色の色無地に西陣のなごや帯「カシミア

更紗文」を合わせてみました。

 

彩を織りなす丸紋様が映える

空色の色無地です。

 

腹紋になります。

華やかで品格のある装いに。

 

お太鼓部分になります。

イベントの多い季節に

色無地で何通りも楽しめます。

 

丹後ちりめんの帯揚げに

伊賀くみひも「井上工房」さんの

帯締めを合わせました。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:19 | - | - |
三眠蚕糸の色無地が揃っています

1941(昭和16)年12月8日に日本がアメリカ

・イギリスにに宣戦布告し、マレー作戦・真

珠湾攻撃を開始し、日独伊の三国同盟を中心

とする枢軸国陣営と米英露仏蘭中などの連合

国陣営との間で戦われた全世界的戦争の第二

次世界大戦に突入してしまいました。

 

壽光織さんの三眠蚕糸を使用した色無地

「正殿の彩」現品が揃っています。

 

今、旬の色「花浅葱(はなあさぎ)」です。

 

近接してみました。

地紋は「唐織草花紋」です。

 

黒鳶(くろとび)の「正殿の彩」、

厄除けウロコ共八掛付き(16m)。

 

「正殿の彩」は、全10色で

展開しております。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:23 | - | - |
色無地の帯合わせ

18868(明治19)年12月7日横浜万代町に

創業した、明治屋が外国人船員向けにク

リスマスツリーを飾った日に因んで12月

7日は「クリスマスツリーの日」です。

 

色無地は、使用頻度も多いキモノです。

フォーマルの装いを主にしている場合も

あると思いますが、とおしゃれさを演出

してみました。

 

地紋のある色無地に、草木染の

本場黄八丈の鳶色のなごや帯を

合わせてみました。

帯締めは無地のゆるぎ、帯揚げ

も縮緬のの無地で。

 

色無地はコーデの工夫で楽しめる

キモノです。

 

すっきりとした感じのコーデに

しました。帯留を使い自分らし

さを演出するのもステキです。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:16 | - | - |
三眠蚕糸の色無地

1935(昭和10)年11月26日、日本ペンクラブ

が創立されました。ペンクラブは、文学を通じ

て諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護

するための国際的な文学者の団体です。

 

三眠蚕糸を使用した、高品質の色無地です。

 

三眠蚕葉、蚕が三回の脱皮(通常は4回)で

糸を吐き作った繭です。

 

いま、元気のある壽光織さんの色無地です。

 

三眠蚕は、通常の繭に比べ糸が極細で織り

上げるのに繭を通常の約2倍の個数を必要

とします。

 

地紋部分の近接になります。

究極の、しなやかな肌触りが魅力です。

 

八掛は、鱗をモチーフに二等辺三角形を

規則正しく上下左右に連続して組み合わ

せた模様です。江戸時代には厄除けの紋

様とされていました。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:03 | - | - |
北出さんの流水つた帯合わせ

今日から、「歳の市」始まります。

こつこつ亀のような歩みで、

来年が70周年です。

4日間お待ちしています。

 

北出与三郎さんの色無地絵羽

「流水つた」に

帯屋捨松さんのなごや帯

「現代花更紗」を

合わせてみました。

 

色無地絵羽「流水につた」

の近接です。

北出与三郎さんは、

上皇后皇美智子様の御着物を

制作していました。

 

「現代花更紗」の腹紋になります。

大胆な模様と配色が魅力です。

 

「流水につた」の

つた部分の近接です。

つた模様は裾の流水模様から

一方付けになっています。

 

「現代花更紗」なごや帯は、

素材構成に特徴があります。

絹 94% 指定外繊維(紙)3%

ポリエステル2% レーヨン 1%

最高級品の帯の品質になります。

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:23 | - | - |
タッサーシルクの帯合わせ

1895年(明治278年)8月30日、気象学者の

野中到(のなかいたる)が私費で富士山頂に

測候所を開設し、同年10月1日より妻の千代子

と共に気象観測を開始。

 

貴久寿さんナチュラルタッサーの色無地に

帯屋捨松さんの名古屋帯「新欧州更紗」を

合わせてみました。

 

ナチュラルタッサーの色無地の近接に

なります。経糸に生糸、緯糸に光沢と

風合いに優れた野蚕糸の

タッサーシルクを使用しています。

 

お太鼓部分になります。

 

手紡ぎ・手織りの味わいがある

色無地に、黄色の花模様が

大人カワイイを楽しむコーデで。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:21 | - | - |
色無地のキモノが新鮮-04

1928年(昭和3年)3月24日、上野公園で開かれた御大礼記念

国産振興博覧会で高島屋呉服店が日本初の女性マネキンを登

場させ、大変な評判となりました。。ただし、使われたのは

人形ではなく本物の人間「マヌカン」です。

「招金(まねきん)」に通じることから、フランス語の

マヌカンではなく英語のマネキンを使ったといいます。

 

希少な「純国産」日本の絹を使用した

桜色の「瑞雲(ずいうん)」文様の色無地です。

 

茨城県南地区養蚕農家の

全齢桑育蚕を使用しています。

当店は、純国産絹製品取扱店で

表示者登録番号は「119」です。

 

三風魯の袋帯を

「花喰鳥」を合わせてみました。

 

瑞雲文様の近接です。

波状の線を対象に向き合わせ、

連続して立ち上がる形の中に

雲が入っています。雲は古来より

「気」を表し、途切れなく立ち上

がる「気」は吉祥文様の表現です。

 

旬の色に、

物語のある素材と

おしゃれな帯合わせで

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:23 | - | - |
色無地のキモノが新鮮-03

1893年(明治26年)3月17日に川越大火が発生しました。

当時の川越は、埼玉県で最も栄華を誇った商人の街でしたが、

旧城下の養寿院門前からの火災発生が、北からの強風・連日の

晴天続きによる空気の乾燥・消火用井戸水の使い果たしなどか

ら火勢は土蔵の間を縫い短時間に町域の3分の1に相当する

1,302戸を焼失し、中心部の本町・南町・多賀町・上松江町・

連雀町は全焼地区となりました。

一方で焼失を免れた家屋は大沢住宅など全て耐火建築の蔵造り

であったことから、コスト的には高く付くものの優秀性を再認

識した商人たちは南町・鍛治町の目抜き通りに東京から職人を

招いて蔵造りによる再建を行い、大火後2 - 3年に200棟を上回

る蔵作りが建設され、当地のシンボルとなりました。

 

ブランド絹の「松岡姫」の色無地に

西陣の紫華織さんの本袋帯

「秀麗彩華文」を合わせてみました。

腹紋の近接になります。

 

宮廷文様の地紋と光沢が美しい

国産繭「松岡姫」を100%使用した

色無地です。

 

モダンな袋帯で

おしゃれな取り合わせに

 

お太鼓部分になります。

落ち着いた宮廷文様地紋の

色無地にモダンな上質感を

本袋帯「秀麗彩華文」が

演出してくれます。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 23:13 | - | - |
色無地のキモノが新鮮-02

今日3月12日は、奈良・東大寺の「二月堂

お水取り」です。3月1日から14日まで行

われる修二会のクライマックスがお水取り

の儀。修二会は、東大寺の僧たちが自分の

罪や汚れを二月堂本堂の本尊十一面観音

菩薩に懺悔し、国家安泰と人々の幸を祈り

ます。この日は本尊に供える霊水を若狭井

から汲み取るお水取りと、僧が二月堂の回

廊で大松明を振り回す「おたいまつ」が行

われます。

 

ブランド絹の「松岡姫」の色無地に

西陣の服部綴工房の手織綴帯を

合わせてみました。

 

腹紋の近接になります。

式典やパ−ティで際立つ

正統派の装いで

 

宮廷文様の地紋と光沢が美しい

色無地で、

洗練されたキモノ美人に

 

手織の本綴帯の証紙は

紫色になります。

 

お太鼓部分の近接になります。

当店オリジナル作品です。

 

慶事やお茶会に着られる

初めての色無地に

お勧めの一枚です。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:05 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile