Page: 1/67   >>
アジサイが咲き始めました

ゆかたや夏キモノの柄として

人気があるアジサイが

咲き始めました

ちょっと一息つくことに

 

6月から7月にかけて開花するアジサイの原産地は日本で

右のガクアジサイから変化して

花序(かじょ)が球形でですべて装飾化となった左のアジサイは

「手まり咲き」と呼ばれています

一般的にはアジサイというと

左のアジサイ(ホンアジサイ)のことに

 

日本最古の和歌集「万葉集」に

「味狭藍」「安冶佐為」の字を

あてて書かれており

語源の有力とされているのは「藍色が集まったもの」を意味する

「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説があります

 

宝石をちりばめたような花序は

ガクアジサイの魅力ですね

「藍色が集まったもの」の意味が

分かるような気がします

 

花の色がよく変わることから

「七変化」「八仙花」と呼ばれるアジサイ

咲き始めの色の美しさに癒されます

 

ちょっと、どうしてこのアジサイが

頭の中が大混乱に

新品種が突然に出来た

落ち着いて考えたら15年前に求めた

鉢植えの栽培品種「花火」です

小さな鉢植えでお店にも飾ったのですが

忘れて置きっ放しの状態で

こんなに大きくなってしまいました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:46 | - | - |
三渓園の「日本の夏じたく」に行って来ました

6/1.2に京都 河原町で、藍田正雄さんの作品展を開催します。

関西方面で藍田さんの作品が見られる貴重な機会ですので、ぜひ遊びにいらして下さい。

詳しくは、http://kurumaya.tv/news/aidamasao-kyoto をご覧下さい。

 

今日は「国際博物館の日」です

国際博物館会議(ICOM)が1977年に

制定した記念日で

博物館のほか美術館・科学館・動植物園・

水族館も含みます

上野の東京国立博物館・国立科学博物館・

国立西洋美術館では無料観覧になりますし

オリジナルグッズをプレゼントする

美術館もあります

 

昨日の午後2時から

三渓園の鶴翔閣で開催された

工芸作家さんの作品展

「日本の夏じたく」に行って来ました

 

会期は5月19日(土)までの3日間です

それぞれの工芸作家さんとの出会いを楽しみに

たくさんの方が来場しているのに驚かされました

ガラス・古典織物・和紙・染織・銀器・小紋染め・漆芸等

どれも、すばらしい匠の作品です

 

鶴翔閣から出ると

直ぐに蓮池と睡蓮の池があります

 

睡蓮(すいれん)がこれから

見頃を向かえますよ

一週間後がよさそうです

隣の蓮池では7月14日(土)から

8月5日(日)の土・日曜日に

早朝観蓮会が開催されます 

 

「日本の夏じたく」を

ご一緒いただいたお客様

睡蓮池が後ろになります

 

大池周辺の花菖蒲(はなしょうぶ)も

もうすぐ見頃に

こちらも一週間後がよさそうです 残念

 

三渓園の定番ショット

大池から見る三重塔です

 

5月25日(金)〜6月3日(日)は

閉演が21時まで延長され

「蛍の夕べ」が開催されます

 

小舟の上にカワウが

よく見ると喉がふくらんでいます

小魚を食べて満腹状態で食休み中

これからの時期

三渓園オススメです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:51 | - | - |
きもので思い出の家族写真を

今日は「ナイチンゲールダー」赤十字社が

1820年のフローレンス・ナイチンゲール

(18720年〜1910年)の

誕生日に因んで制定されました

 

今日はお客様の成人式の前撮りで

ご家族での記念写真の着付けです

ステキなキモノ姿を応援します

 

振袖には右の梅模様の黒の袋帯で

左に木屋太の袋帯に

オシャレな猫を絞りで表した帯揚げを合わせてます

 

黒地の辻ヶ花模様付け下げには

グレー地に金糸・銀糸を使用していない

袋帯を合わせることに

 

冴えた青が印象的な墨流しの小紋です

柄合わせの大事さがわかります

 

墨流しの小紋には

左側にある藍田正雄さんの

染帯を合わせます

 

手織りの黒地琉球紬です

京友禅の絵皿模様長襦袢を合わせました

一点一点こだわりがあるキモノ・帯・長襦袢・小物でなので

コーデも楽しいですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:24 | - | - |
山下公園のバラ園(未来のバラ園)が見頃です

連休中に大桟橋で大型客船を

撮りたかったのですが

人も多そうでしたので断念

今朝、ゆっくりした気持ちで

山下公園のバラ園へ行って来ました

きちっと整備されていて無料なのが

うれしいです

 

 

大規模リニューアルされた

山下公園のバラ園(未来のバラ園)には

約190品種、2650株のバラが咲き誇っています

散策後に、ゆっくりとホテルニューグランドで

お茶を楽しむのもいいですね

 

3月24日(土)〜6月3日(日)までは

ガーデンネックレス横浜2018が

みなとエリアで開催されていて

港の見える丘公園の

「イングリッシュローズの庭」もステキ

マスコットキャラクターの「ガーデンベア」も

昨年に続き登場しています

 

明るいサーモンピンクの大輪で

よい香りがするバラ「はまみらい」は

横浜開港150周年記念のシンボルとして

平成19年(2007年)に選ばれ

横浜の未来のさらなる発展を願って

平成21年(2009年)にこの名前がつけられました

 

撮ろうと思っていても

近寄れない雀が寄って来ました

小雀で好奇心が旺盛ですね

早朝の特権です

 

バラ園から見るマリンタワーも

絵になりますよ

今週の土日がオススメです

 

花弁の外側が赤みを帯びた濃黄色の丸弁平咲きの

「ゴールドマリー’84」

葉も厚く光沢があるので

花色とのコントラストがいいです

 

明日の12日(土)と13日(日)は

トライアスロンシリーズ横浜大会が

山下公園を中心にしコースで開催されます

みなと未来と山下公園の間で

バイクとランが山下公園ではスイムも

12日(土)がエリート

13日(日)がエイジグループです

目の前で観戦できるのがこの場所の魅力です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:49 | - | - |
ちょっと浅草へ

東京キモノショーへの応援

ありがとうございました

来場者が選ぶ「きものあわーど」の

中間発表で4位に、うれしい

 

昨日は秋物の新作発表会が

浅草でありましたので

ちょっと散歩を

 

朝8時前ですが、浅草寺はもう外国からの観光客で

にぎやかですね

雷門と本堂の間にあるのが宝蔵門です

宝蔵門は二体の仁王尊増像に守られ

経典「元版一切経(重要文化財)」が収蔵されています

「小舟町」の大提灯は約340年前

日本橋が江戸の魚河岸であった頃に

小舟町に産物を扱う商人が店を構えており

小船町の繁栄と信徒の心意気を示し

奉納されたのが始まりです

 

本堂から見る五重塔です

旧五重塔は国宝に指定されていましたが

昭和20年(1945年)焼失しています

現在の五重塔は昭和48年(1973年)に再建され

最上層にスリランカのイスルムニヤ寺院から

奉載した仏舎利が納められています

 

三社大権現の幟(のぼり)がはためく

お隣の浅草神社に

5月18日(金)から20日(日)は

例大祭の三社祭です

 

江戸初期に作られた形状が珍しい貴重な

「夫婦狛犬」を境内で見つけました

狛犬は外部からの厄栽災を退ける役割があるので

一対が参道を挟み向き合って

配置されているのが一般的です

 

年に一度、広い会場での新作発表会に

すごい商品量と、ここでしか見れない

貴重な織物と染め 真剣勝負です

今回はお召しを中心に見てきました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:59 | - | - |
東京キモノショーに出かけて来ました

今日5月5日は「こどもの日」で、1948年に制定され

それまでは「端午(たんご)の節句」と呼ばれていました

端午の節句は季節の節目を祝う五節句の一つで

子の健やかな成長を祈願し各種の行事が行われます

 

奈良時代の宮中では菖蒲(しょうぶ)を

髪飾りにした人々が集い天皇から

薬玉(くすだま:薬草を丸く固めて飾りをつけたもの)を

賜った記述があり「菖蒲の節句」=「女の人の節句」でしたが

江戸時代に菖蒲が「尚武(武を重んじる事)」に変わり

男の子の節句になっています

 

東京キモノショーに出かけて来ました

会場のコレド室町に向かう途中で

日本の道路元標があって日本道路網の始点となっている

国の重要文化財の日本橋を渡ります

日本橋親柱の獅子と東京市章、上は高速道路です

 

高速道路に覆われてしまっている日本橋ですが

川からの景色を楽しむ観光船が

20年くらい先には日本橋川から

空が見えるようになりそうです

 

東京キモノショー会場の入り口です

空間もアーティスティックに

きものと和文化アートと

空間演出のコラボレーション

 

暮らしの中での刺繍の楽しみ

日本刺繍の普及を生涯テーマとしている

日本刺繍作家 草乃しずかさんの作品

「未来への飛翔」

 

生き生きとした蝶が舞う花畑から

未来へ飛んでいく鳳凰を

絹糸であらわしたアート作品です

 

ステージタイムでは

鼓(つづみ)の西川啓光さんによる

朗読に合わせての演奏も見れました

 

伊藤咲穂さんによる

「錆和紙(さびわし)」作品

和紙を制作する過程で鉱物を混ぜ合わせ

手漉きで作られた錆和紙で

「静寂に包まれた闇の中の星空」を

表現しています

 

 

当店のコーディネイトは

106で斉藤三才さんの小紋に

松江マチさんの型絵染帯です

帯揚げ、帯締、ビーズ半衿にも

注目してくださいね

会期は明日6日(日)までですので

応援をよろしくお願します

 

今回の東京キモノショーは

見ごたえがありますよ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:46 | - | - |
東京キモノショーに行ってきました

昨日から5月6日日(日)までの期間で

開催されている

東京キモノショーに行ってきましたので

会場の雰囲気をお伝えします

 

中原淳一氏と人形作家の宇山あゆみさんとの

コラボレーション作品の

ポーズ人形「八百屋お七」

今回でポーズ人形を見るのも3回目ですが

新鮮な驚きを与えてくれます

 

会場の入り口には

華道家元池坊 東京青年部作品

「山紫水明」がお出迎えしてくれます

山は日に映えて紫色に見え、川の水は澄んで清らかに

こんな意味がこめられたトータル作品です

 

中原淳一氏とデザイナー西岡ペンシルさんとの

コラボレーション作品の

振袖「SOLEIL]

インパクトありますね

 

中央がキモノスタイル200に

エントリーした当店の

コーディネイト 作品です

 

斉藤三才さんの小紋に

松江マチさんの型絵染帯で

コーディネイト

 

キモノスタイル200の

会場雰囲気です

隣の会場では「ひかりの茶会」が

幻想空間の中でお楽しみいただけます

 

舞台では津軽三味線奏者

澤田寿仁さんによる楽しい時間が

久しぶりの津軽三味線

良かったですよ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:39 | - | - |
春は駆け足で

前日にたまっていた町内会の仕事を

徹夜でこなしたので、今朝は目が覚めたら6時に

久しぶりの朝寝坊に大慌て

予定では横浜港の朝焼けでしたが

間に合わないのでお店の裏で

育てている花を眺めることに

 

昨日の雨で6月が見頃の額紫陽花(がくあじさい)も

今年は早く咲きそうです

ヨーロッパ、アメリカなどで観賞用に広く栽培されている

セイヨウアジサイの原種は日本に自生する

ガクアジサイで、ホンアジサイと呼ばれることも

 

今朝一番の驚きです

昨年の12月初旬から先週までお店で楽しんでいた

シクラメンですが、咲く花が白になり

長く咲かせた負担が出ていましたので

お疲れ様と休ませることに

 

昨日の雨にあったたら、12月に届いた花の色に

自然の力はすごいですね 

今まで花を育てていて、初めての経験です

 

オオヤマレンゲの蕾もふくらんできました

今年は一輪だけですが

咲くまでの蕾の変化を楽しめるのが

うれしいです 茶花としても人気があります

 

今年は、つつじが元気です

手入れもしないのに

きれいな花をつけてくれています

本当は山つつじが大好きで何回も育てたのですが

僕のこと、ちゃんとメンドウみてよと

言われているような気がして

 

店頭にと思っていたエビネですが

どのエビネも今一歩で

動かすと負担になりそうな感じでしたので

連休に手入れをすることに

 

エビネの葉の緑に心を癒されます

これだけきれいな緑ですから

手入れをして来年には

ステキな花を咲かせてもらいたいですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:53 | - | - |
大岡川の桜染め テレビで紹介されます

いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます

小さな呉服店ですが

大岡町のこの場所で創業して68年になりました

 

大岡川をずっと見てきた私達にとって

大岡川の桜には、特別な思い入れがあります

その桜を使った思い入れのある作品を

お客様の手元にお届けして

新しい世界を広げていくことが

当店の理想の仕事です

 

大岡川の地元、横浜市南区の事業で

倒木のおそれのある桜を伐採することになり

その桜をいただき草木染の作品を制作し続けています

 

大岡川の桜で染めた糸で織りあげた紬に

手描きで桜を描いた名古屋帯です

 

大岡川の桜は

たくさんの人に思い出を作り続けています

 

枝先の部分をいただき

細かくチップ状にして

煮出した染料液で糸を染めていきます

 

左下の太い枝部分は

木目をいかす工夫をした

オリジナル品に

 

大岡川の桜で染めた糸で

織り上げた紬のキモノです

草木染のやさしい色が

うれしい

 

応援し続けてくださっているお客様

本当にありがとうございます

 

NHKの小さな旅で紹介されることに

 

今週の日曜日 4/22(日) 朝8時からのNHK小さな旅で桜染めの着物が紹介されます

すこしでも映るといいのですが

心臓がバクバクです

 

今日は REラジオ日本(AMラジオ1422)

「加藤祐介(かとうゆうすけ)の横浜ポップJ(ジェイ)」で

13時15分頃に生中継される予定です    感謝


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:51 | - | - |
大岡川いつもの鳥 3月・4月編

今朝も強い風が吹き荒れています

春は風の強い日が多いですね

今日は1983年(昭和58年)4月15日に

千葉県浦安市に東京ディズニーランドが

開園した記念日です

夢の国も35歳に

 

4月も中旬になり

お花見の人出もおちついてきたので

大岡川で撮った鳥たちでリラックス

 

花見橋と観音橋の間で

いつものカルガモを

2羽の距離がよかった

 

食事の時間は夢中ですから

人を意識しないことが多ので

邪魔をしないように

ゆっくりと時間をかけて観察します

 

この付近の川の中央では

カワウが羽を広げ

乾かす姿も見れますよ

カワウの食事時間が終わる

午前8時ごろがオススメです

 

警戒心の強いカワウの姿

撮ったはずが

メモリーカードが一杯で 残念

 

観音橋と弘岡橋の間で

見つけたコサギは

小魚狙いで動き回っていたので

なかなかピントが合わせづらい

動きが予想できるといいのですが

 

同じ観音橋と弘雄岡橋の間で

ヒヨドリの後姿です

つやのある羽が印象的です

 

もちろんキジバトもいます

あまり警戒しないので近くまで

 

キジバトにはヤマバトの別名があります

かつては山岳地帯に生息しており

人前に姿を見せませんでしたが

1960年代に都市部での狩猟が

制限されるようになってから

あまり人を恐れなくなり身近に見れる鳥に


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:18 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile