Page: 1/63   >>
五箇山と白川郷の合掌造り集落を訪ねて

今回の旅の目的のもう一つは

合掌作りの集落を訪ねること

 

最初に向かったのは

富山県南砺市の相倉(あいのくら)合掌造りの集落

高山からバスで1時間30分前後かかりました

 

世界遺産に登録されている文化財で

23棟の合掌造りが現存して

地域住民の方が約60人が生活しています

 

江戸時代に五箇山は加賀藩領に

白川郷は高山藩領から天領になっています

 

五箇山にはもう一つ、菅沼(すがぬま)集落も

世界遺産に登録されていますよ

 

豪雪地帯だから、この集落が残る事が出来たのでしょうね

雪囲いの準備も始まっていました

 

 

相倉集落から庄川上流にある白川郷まで約1時間

いずれも飛越地方庄川流域の歴史的地名

飛越地方って言葉、今回はじめて知りました

 

白川郷の萩町合掌造りの集落を展望

相倉に比べて世界遺産に登録されている

地域が広いです

ちなみに白川郷は岐阜県白川村になります

 

合掌造りの集落として世界的に人気があるので

観光の人も多いです 私を含めて

 

屋根の葺き替えが終わった合掌作りの住宅

30年から40年に一度行われ釘を一本も使わずに

縄で固定することにより雪の重さや風の強さに

対する柔軟性が生まれます

 

 

 

 

 

山間にあった集落では

合掌造りは住宅の屋根裏を活用して

養蚕が盛んに行われていました

 

山間の集落では農地を確保するため

養蚕の別棟を作らなかったようです

 

明善寺(みょうぜんじ)本道は

約260年前に、飛騨高山国分寺の

塔建立にゆかりの棟梁大工により
木積され 数年を要して建てられています

 

11月15日撮影 かけ足、よくばり旅

 


 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:37 | - | - |
雨の高山へ

ちょっと時間をいただき

高山祭で有名な高山へ行って来ました

 

新幹線で名古屋へ

そこから高山本線に

特急で2時間30分かなり遠いです

 

春の高山祭り(山王祭)と秋の高山祭り(八幡祭)

そして江戸時代から続く街並が人気の街

 

陣屋前から中橋を撮影

 

雨の中

 

高山に着いて、新しくなった駅から

雨の中ぶらり街散歩

遅い昼食を済ませてから

雨の中人気スポットの古い街並へ

 

外国からの観光の人も多いですね

 

ちょっと穴場の飛騨国分寺(ひだこくぶんじ)に

 

天平勝宝9年(757年)に行基によって

建立されたといわれている

高野山真言宗の寺院

 

文政3年(1820年)に再建された三重塔

 

奈良時代に七重大塔があり

大塔の心礎(心中の礎石)、上面に径1.3mの

円柱座と舎利孔もあります

 

 

 

 

国の重要文化財に指定されている本堂には

 

薬師如来坐像(平安時代)と

聖観音菩薩立像(平安時代)が

安置されています

 

高さ37メートル、幹の10メートル、推定樹齢1250年

こんな大きなイチョウが街中にあるとは

 

国指定の天然記念物です

11月14日撮影

 

今回の旅の目的は二つ

一つは「おいしいパン屋の仕事論」を読んで

たずねたかったパン屋さん「トラン・ブルー」に

本では水曜定休でしたが火・水の連休 残念


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:48 | - | - |
植木鉢の晩秋

夏の終わりの8月末に

鉛筆の芯くらいの大きさの緑の実が

びっしりとなり赤く色づくくのが

楽しみの南天

 

緑の実のうちに、すずめや他の野鳥に

ほとんど食べられてしまいますが

今年は久しぶりに赤い実を見れました

うれしいですね

 

花屋さんから来て6年目になるシャコバサボテンも

今年も花芽がたくさん

 

まだ一度も植え替えをしていませんが

大丈夫です

鉢で育てていると手を掛けすぎてしまいますが

ほっぽりぱなしの状態でも咲きます

 

もうすぐ店頭を飾ります

どうして6年も楽しめるのか

自分でも不思議です

これは相性でしょうね

 

11月13日撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 04:22 | - | - |
鎌倉彫のお盆を楽しむ

上野の東京国立博物館で開催されている

「運慶展」はすごい混みようなので

図録で楽しむことに

 

平安地代から鎌倉時代に活躍した運慶

そして、鎌倉時代の禅宗寺院の美術工芸品に影響を受けた

仏師がその意匠をもとに新たな木彫彩漆(もくちょうさいしつ)

の仏具を作り始めたのが

鎌倉彫の始まりです

 

材は大径木の桂(かつら)を製材し

自然乾燥したものを使っています

 

木地選びから

絵付けをして

小刀で文様を浮き上がらせ

彫っていく鎌倉彫 

 

さりげなく見える

水紋に表された

刀痕(とうこん)が印象的です

 

やさしい輪郭で表された桜は

微妙に彫の深さを変え生の花のよう

 

 

お店に飾って楽しんでと

製作してくださいました

 

水の中を泳ぐ鯉

お盆の中から飛び跳ねてきそうですね

 

お店で展示しておりますので

ぜひ本物の質感をあじわってください


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:56 | - | - |
11月にアジサイが咲きました

昨日の定休日は、大船の県立フラワーセンターへ

行くつもりでしたが来年の3月末まで

改修工事中でした 残念

 

気をとりなおし、鉢の植物の手入れをすることに

植木鉢で育てているのに雑草も頑張って育ちます 

大好きなエビネも雑草に覆われていました

来年きれいな花を見せてもらうために

ていねいに雑草を抜いて 横にあるアジサイを見ると

色が付いています

 

11月にアジサイを見られるなんて

今までになかったことで

うれしいのと、びっくりしている気持ちが

 

握りこぶしより小さい大きさですが

 

親指ほどのちぢれた葉の上に

かわいらしピンクがアジサイが

 

たった一つですが

この時期にアジサイを楽しめるのは

 

植物を育てているご褒美ですね

アジサイが咲いていた


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:57 | - | - |
水戸で黒鳥に出会った

雨の多かった10月も明日までなので

今月の思い出を

 

天気の悪い中でかけた

ひたち海浜公園に行く途中の

水戸の手前で車窓から見えていた湖へ

 

湖の千波湖(せんばこ)に

駅南口から桜川に沿って歩いていると

黒鳥に出会いました

 

白鳥は知っていましたが

黒鳥は初めて

くちばしの赤い色が印象的です

 

街中に黒鳥がいる風景

いいですね

 

桜川の両側の桜並木もスゴイ

大岡川の桜を見慣れているので

川幅と遊歩道の広さにびっくり

桜の時期にまた訪ねたくなりました

 

やっと千波湖へ着きました

雨の中20分くらい歩いたかな

ちょっと遠かった

 

右奥が梅で有名な偕楽園になります

ガイドブックでを見ては

梅の時期に行かなければと思っていた名園です

千波湖もガイドブックで覚えていたような

 

湖のカモを撮っていると

思わぬ事態が

 

大岡川や三渓園で撮っていても

なかなか近づけないのですが

まっしぐらに進んできます

 

小さいと思っていたカモですがが

鳴きながらこの集団で来られると

どうしよう

 

餌を持っていないので

ごめん

退散する事に

 

10月19日撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:17 | - | - |
金沢のグリーンファームで

一昨日、金沢文庫の釜利谷街道沿いにある

グリーンファームへ

 

黒土、腐葉土、肥料等園芸用品や

草花が豊富に揃っているお店です

 

もう直ぐ、シクラメンも並びます

 

グリーンファーム

 

日立海浜公園で雨の中で見た

萩が印象的でしたね

 

秋の七草でもあり

キモノ、帯にも描かれるています

来年咲かせるつもりで求めました

 

うまく育つかな

 

グリーンファームの店内では

金沢区周辺で取れた農産物も販売しています

富岡の横浜パンの家のダークベリー

美味しそうだったので

 

萩を置く場所を探していると

ホトトギスも咲き始めていました

季節を感じられる花です

 

南天や千両は早い時期から

鳥に食べられてしまい

このように

赤く実がつくまでにはなりません

 

この実は美味しくないのかな

でも秋ですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:57 | - | - |
コキアの紅葉が見ごろ

海浜公園入り口から

冷たい雨の中を歩いて15分前後で

「みはらしの丘」に

 

紅葉したコキアが目の前に広がります

コキア

 

コキアはアジア原産で、箒(ほうき)ような

細かい茎が特徴一年草

和名はホウキギ別名、ホウキグサと呼ばれています

 

なだらかな丘一面のコキアは圧巻ですね

 

相当な混雑を予想していましたが

この天候でしたのでゆっくりと

散策を楽しむことに

 

丘の高さは一番高い頂上で標高が58m

太平洋からの風が強く冷たく感じられます

コキアの後にはコスモスが咲いています

 

遠くに那珂湊が見えます

晴れていたら勝田駅から

ひたちなか海浜鉄道で終点の阿字ヶ浦駅まで行き

40分歩いて海浜公園への予定でした

 

今日と明日は無料のシャトルバスが

阿字ヶ浦駅と海浜公園間を運行しています

 

紅葉しはじめのコキアは

うっすらピンク色

 

秋田の名産で「とんぶり」があります

ホウキギの種子で畑のキャビアと言われています

竹箒の実が食べれるのと思っていたことが

 

海浜公園のコキアは観賞用で

「とんぶり」は実の大きい別系統になります

 

初めてのひたち海浜公園

雨と寒さで他のエリアを見る

元気がなくなりましたが広いですね

 

みはらしエリアを含め

7つのエリアがあります

コキアの見ごろは10月下旬まで


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:31 | - | - |
ひたち海浜公園へ

昨日は第3木曜日でお休み

朝早く出発し以前から行ってみたかった

国営ひたち海浜公園へ

 

冷たい雨のなか

きれいなケイトウが迎えてくれました

 

家を出て、常磐線で勝田まで3時間50分

ちょっとした小旅行ですね

園内は思った以上に広く

晴れていれば一日ゆっくりのはずでしたが

 ヒタチ

 

そばの畑を初めて見ました

そばは一番の好物ですが

国産のそば粉を使用した

そばは少ないですから

 

小さなそばの花には

ピンクと白があります

苗をいただいて育てたことがあり

観賞用にオススメです

 

茨城県には、美味しく有名な

お蕎麦屋さんがたくさんありますよ

今回は時間も取れないので残念

 

街中では、ほとんど見ることがなくなった萩

冷たい雨にぬれている花も

季節の風情があります

 

こんな大きさの萩の花

見たことがありません

お寺の庭にあっても大変そうですね

 

右端に赤い絨毯の様に見えるのが

今回の目的の

「コキアの紅葉」


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:10 | - | - |
秋の訪れを知らせるキンモクセイ

昨日と今日の2日間

京都から職人さんを迎えて

墨流し染による半衿染体験を

開催中です

 

昨日の朝、お店を開ける準備をしていたら

甘めでしっかりとした香りが漂ってきました

キンモクセイの花が咲き始めましたね

きんもくせい

 

中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきた

キンモクセイは雌雄異株で輸入された際に

雄株しか入ってきませんでしたので

日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません

 

甘く強い香りが印象的ですが、

咲く花は小さくつつましい様子から

花言葉は「謙虚、謙遜」

 

そして

季節の変わり目に降る雨の中で

潔く全ての花を散らせることから

「気高い人」の花言葉も

 

お隣の隅に植えられているキンモクセイ

食用の庭木としても育てられているとは

知りませんでした

産地の中国では秋に咲く花びらを3年間

白ワインに漬け込んだ

「桂花陳酒(けいふぁちんしゅ)」が有名

 

日本でも花びらを砂糖漬けにしたジャムが

金魚が踊っているようにきれいで人気があります

 10月14日撮影

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:13 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile