Page: 1/9   >>
手染めぼかしの小紋がステキ

慶長5年(1600年)9月15日

美濃国不破関ヶ原で徳川家康率いる東軍と

石田三成率いる西軍が

「天下分け目の大決戦」

これに勝利した徳川家康の覇権が決定的なものに

 

花織地紋の白生地に

経験を積んだ優れた技を持つ

職人の手仕事による

手染めぼかしの小紋です

 

白花色で格子模様を染めてから

手染めぼかしで上質な小紋に

 

近接になります

手染めぼかしによって

立体感が生まれ

洗練された小紋になります

 

伝統の技術にこだわった

手染めぼかしの小紋は

色のトーンも優しくまとめての

コーデがおススメです

 

生地地紋の拡大になります

生地に豆汁(ごじる)で下染めをし

格子模様を染めてから

手染めぼかしの工程になります

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:09 | - | - |
紅型調の小紋も楽しい

今日は「桃の節句」です

旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから

言われるようになりました

 

正確には「上巳(じょうし)の節句」です

古来中国では、上巳の日に川で身を清め

不浄を祓う習慣があり

平安時代に取り入られ後に

紙で小さな人の形を作り、それに穢れ(けがれ)を移して

川や海に流して不浄を払うようになりました

現在も「流し雛」の風習として残っています

 

上巳の日に川や海に流していた人形が

次第に精巧なものになって流さずに

飾っておくようになり、雛祭りに発展しました

 

紅型の小紋は独特の色と柄が魅力ですが

生産数も少ないので

気軽に楽しめる紅型調の小紋です

 

淡い紫色の地が映えるように

花や葉、蝶も同色系を使って表して

気軽に楽しめるカジュアル感が

演出されています

 

手織り献上の

筑前博多粋間道を合わせました

 

博多帯独特の風合いが伝わる

井上久人さんの作品ですね

4色の色使いも見事です

 

グレーの献上をいかして

さりげなく春らしい装いに

 

品が良く、カジュアルな装いであっても

エレガントさが漂うコーデを

 

特に帯揚げの色目を大事にしました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:22 | - | - |
この春、小紋が楽しい

今日は皇太子

浩宮徳仁親王殿下の誕生日(1960年)です

天皇陛下の退位に伴い

来年から2月23日が

「天皇誕生日」になります

 

地元の若宮八幡宮の入口には

浩宮徳仁親王殿下の誕生記念碑があります

 

春らしいステキな唐花(からはな)の小紋

 

唐花文は中国から渡来した花文様です

蓮華(レンゲ)、パルメット、牡丹など

数種の植物のモチーフを

合成して出来上がった文様で

奈良時代に賞用され

平安時代には和様化され単純な形に

4弁のものが多く、5・6弁もあります

 

唐花は実在の植物を具象化したものではないので

蔓と組み合わせで、やわらかな印象に

 

挿し色を変えて表された唐花に

今どき感があるオシャレさが

 

春らしい空色に

帯屋捨松さんのカシミヤ紋の

袋帯を合わせました

 

北尾織物さんの名古屋帯

「寿蔵追憶」を合わせました

 

さりげない上質感がいいですね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:16 | - | - |
雪輪模様の小紋

小紋、中形、大形というのは

模様の大小を区分した呼称なのですが

図柄の大小にかかわらず

木綿に型染めした浴衣(ゆかた)の事を中形

型染めになる絹着尺の事を総称として

小紋と呼ばれています。

 

黒地に直径が約20cmの雪輪模様が

とっても印象的な大柄のモダンな小紋です

 

丹後ちりめんの変わり織生地の

特性を意識して

染められたた雪輪は

生地の質感が変わる境目を中心に配して

立体感を意識しています

 

2種類の雪輪模様の連続は

個性と華やぎを作り出します

 

左右の雪輪は直径16cmで

バランスをとっています

 

グレーの染匹田で表された

シンプルな雪輪模様は

生地の質感を生かして

シックでスタイリッシュに

 

ブルー地のカシミア更紗模様の

名古屋帯を合わせました

 

織屋にしむらさんの

祥巴 羽華唐草文の名古屋帯で

織り人は安川やえみさんです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:49 | - | - |
モダンな小紋 ”hibicolle” 揃っています

おめかし系ふだんキモノ

”hibicolle”が揃っています

自分の感性にあった組み合わせを楽しめる

ふだんきものコレクション

 

ヨーロピアンブルーボーダーのきものは

クールでモダンな印象に

 

春色のハカタガーデン”hibicolle”帯

を合わせてみました

 

前柄部分になります

織屋にしむらさんの

紋織八寸帯です

 

きものを特別なものではなく

日常のファッションとして

”着ること”を楽しむブランド

”hibicolle”

 

"obicolle"とし

染帯と博多帯が充実しています


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:05 | - | - |
モダンな小紋が楽しい-02

京都の工房で一点一点

手捺染で染められている小紋

地色は白に見えますが

うすいピンクベージュです

 

モダンで、伝統的で、上質なファッションを

実感していただける楽しい小紋

 

ヨーロピアンピンクボーダー

拡大してみました

横並びの小さな菱形が

この小紋の特徴です

 

染帯で

甘めでカワイイ取り合わせに

 

独特のタッチで描かれた

花模様の染帯に

菱形のアクセントが

品の良いオシャレ感を演出

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:12 | - | - |
着ることが楽しい小紋

昨日の雪が道路に積もり

今朝は車の量も普段より少なめ

でも人が歩きにくいので

朝のうちに道路の雪かきをするので

忙しい朝になりそうです

 

濃紺の七宝地紋生地に

絞りを配した

着ることが楽しい小紋です

 

小さな絞りと七宝模様の

バランスが絶妙な

独特の感性を持った

東京の作家さんの作品です

 

おめかし系

ふだんキモノのシリーズに

加えてみました

 

織屋にしむらさんさんんの

モダンなデザインが素敵な

アールデコを合わせました

 

前の印象はスッキリと

上品に目立つ

着る場所をえらばない

キモノです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:55 | - | - |
モダンな小紋が楽しい

山形県からの寒中お見舞いの便りに

台所のタオルが凍ってビックリと

寒さが本番ですね

横浜の今日の天気は夕方から雪

積もらないでくれるといいのですが

 

イソップ寓話(イソップぐうわ)の世界を

ミントの地色の

モダンな小紋にして

 

イソップの森の中で

不思議な動物たちが遊んでいます

意外性を持ちつつ

品の良さもあります

 

おしゃれゴコロのある

型染め小紋は

手仕事、白生地、色の3つに

こだわって作り上げられています

 

色のゆらぎがステキな染帯を

合わせました

 

日常のファッションとして

キモノを楽しんでいただきたい

 

その思いから出来上がった

新しいカジュアルです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:04 | - | - |
福良すずめの小紋出来上がりました

新年に発表できるように仕込んでいた

縮緬生地を使った黒地の

福良すずめの小紋です

 

雀は厄をついばむとされ、一族繁栄・家内安全の

象徴とされ縁起の良いもので、

特に丸まるとした愛らしい姿から

「豊かさを現す縁起物」として冬のすずめは

「福良すずめ」とよばれますね

 

福良すずめに合わせている吉祥文様の松竹梅

松は常緑樹で冬でも凛々しい姿を保つ事から「長寿・延年」

竹は折れにくく成長が早いので「生命力・成長」

梅は苔が生える程の樹齢になっても早春に芳香を放つ

美しい花を咲かせる事で「気高さ・長寿」の象徴に

 

 

40羽の福良すずめ

挿し色を変えてあるんですよ

同じ色のすずめは一羽もいない

こだわりの小紋です

 

 

柄の大きさを変えて振袖・打掛に

地色を変えて十三参り・七歳のお祝い着にも

いろいろな発想が生まれてきます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:26 | - | - |
シンプルな黒地の小紋を楽しむ

成人式でお召しになった振袖のお手入れに

ご相談で来店いただくお客様が多く

お待ちいただく時間があります

ていねいな職人によるシミ抜き作業のお手入れで

キモノにやさしい扱いを心がけておりますので

ご説明にも時間がかかりますのでご理解を

 

シンプルな京絞りの黒地の小紋は

キモノにしてもコートとしても楽しめますね

 

帽子絞りと一目絞りで蔦と紅葉を表し

葉の部分には葉脈を手描きで挿しています

 

市松模様の地紋が

絞りの立体感を

いっそう引き立ててくれます

 

ブルー地のカシミア更紗文の

名古屋帯を合わせてみました

 

同色系の捨松の名古屋帯は

さりげなく

そして個性的な

都会的センスで

お楽しみください


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:30 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile