Page: 1/8   >>
久米島紬と吉野間道

昨日は、出光美術館で開催されている

江戸琳派の酒井抱一(さかいほういつ)と

鈴木其一(すずききいつ)の作品を中心とした

「江戸の琳派芸術」に行って来ました 

 

今日は手技の輝きのある2点の作品

ミントグリーンの久米島紬に

吉野間道の名古屋帯を合わせて

久米島紬と吉野間道

 

久米島紬は黒褐色の地色と特色のある絣模様

そして素朴な風合いが人気の紬です

15世紀ごろから織られ続けており

重要無形文化財に指定されています

 

このステキな

ミントグリーンの久米島紬は

うれしい出会いです

 

久米島紬の特色のある黒褐色は

ティカチとグールで染織した糸を泥媒染したものですが

 

このミントグリーンは、どのような草木染めで

色を出したんでしょうね 

 

江戸時代に生まれた「吉野間道」は

名物裂一種で寛永の三大名妓と言われた吉野太夫に

京の豪商が贈った南蛮渡来の織物です

 

「吉野間道」は民芸運動の提唱者・柳宗悦氏の甥で

染織作家の柳悦孝氏が復元し、

藤山千春さんが悦孝氏の一番弟子として

吉野間道を作り続けています

 

久米島紬と同様に草木染そのものです

糸の重なりの配色が見事ですね

 

「江戸の琳派芸術」続き

琳派は本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)と

俵屋宗達(たわらやそうたつ)に始まり尾形光琳により確立され

江戸の地で琳派の再興を図ったのが酒井抱一

その一番弟子が鈴木其一です

八ツ橋図屏風、紅白梅図屏風、風神雷神図屏風等

見ごたえがありましたね

 

吉野太夫はありませんでしたが

酒井抱一の作品に「遊女と禿図」がありました

 

 

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:03 | - | - |
花の山形から紅花が届いた

うれしい

紅花染の染料となる紅花が

山形からこんなに届きました

早速お店に飾らせていただきました

紅花

 

山形では、今月が紅花摘みですね

小さくて、きれいなな黄色い花

染料にする数を考えると

気が遠くなってしまいます

 

エジプト原産でシルクロードを経て5世紀頃もたらされ

女性の唇や頬を彩ってきた紅花

トゲがあり摘むのも大変そうです

 

紅花の扱いでは定評のある

米沢の新田さんの真綿手引き紬

きれいな色ですね

 

ほっこりとした真綿手引き糸を使用して

ゆれているような「よろけ縞」が

表現されています


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:04 | - | - |
アイスコットンの近江ちぢみ

手もみで仕上げる「しぼ」の風合いが特徴の

近江ちぢみに天然素材の「やさしさ」と

「ひんやり感」を併せ持つよにしています

 

アイスコットンは、高接触冷寒が特徴の

ケミカルフリーの100%綿糸

この糸を縦糸に使用していますので

敏感肌の方におすすめです

 

素材にこだわるメーカーさん

たのもしいいですね

麻15% 綿85% 縦糸にアイスコットン100%

 

透明感のあるグレーが

印象的な近江ちぢみ

ステキな涼感が

伝わってくれると

いいですね

近江ちぢ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:59 | - | - |
夏の綿麻キモノ

綿縞で評判の良い、米沢のキモノに

夏の綿麻キモノが出ました

 

巾が40cm以上ありますから

男性も女性も大丈夫です

 

緯糸は麻100%

縦糸に細い綿糸(綿100%)を使用しています。

 

この涼感が

伝わってくれると

いいですね

ナツキッペ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:29 | - | - |
単衣のお召し 知ってますか

涼感がつたわる

単衣のお召し

見つけました

 

うすい空色で

とってもステキです

上の部分の色が

ちかいです

本物の色をお伝えしたい 

バックを赤にしてみましたが残念

 

細い糸で織り上げ

柄を生かした

特徴のある透け具合が

すごい 完璧です

 

七宝市松模様が

おしゃれですね

涼感のあるお召し


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:09 | - | - |
色を楽しむ上布-02

寒いと思っていた2月も終わりになります。

気持ちは春夏商品へ。

手配していた近江上布も入り

わくわく。

 

風合いもやわらかく、仕立てるのが楽しみ。

早くお客様の手元にお嫁入りしてほしいです。

 

白の襦袢をつけると、清涼感が出ますね。

オレンジとブルー

この色の組み合わせ、

今まで夏物で考えていませんでしたから

新鮮です。

上布


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:03 | - | - |
色を楽しむ上布

上布は細い麻糸を使用した平織りの高級な麻織物です。麻の特徴である

通気性と吸湿性にそして汗対策の吸水性にも優れています。

青と紫の色がとってもステキです。

 

上布の主な産地は小千谷で有名な新潟県越後地方、石川県能登、沖縄県

宮古島と石垣島そして今回発表する滋賀県琵琶湖東岸の近江上布があり

ます。

 

この作品は、縦にスリット(ラメ)糸も使用しています。光っている

部分が画像ではちょっとわかりにくいですが。

是非本物を見ていただきたいですね。

柔らかい風合いと、しなやかな肌触りが特徴の「本麻ちぢみ上布」で

す。このほんものだけが持つ、繊細な質感がなんともいえません。

近江ちぢみ

 

今日は午前11時開店になります。ちょっとお待ちいただくかもしれま

せんが、なるべく早く開けます。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:05 | - | - |
やさしい色の紅花紬(べにばなつむぎ)

やさしく澄んだ色目のステキな紅花紬。山形では6月から7月にかけ

紅花を摘みます。その紅花を乾燥させ、紅餅をつくり染料として使用

します。

真綿手引紬を使用した、米沢は新田さんの作品です。100%紅花を使用

した紬は大変高価になってしまいますので、数があまり出来ません。

紅花染料をきちっと使用している新田さんの紅花紬は長年扱っています

が安心です。

紅花つむぎ


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:27 | - | - |
つむぎを楽しむ

紅花を使った真綿つむぎで、手織り独特の優しさと軽さが特徴です。色使い

もステキですね、春におすすめです。

米沢の紬


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:45 | - | - |
みちのくの紬

雪深い東北地方、米沢を中地に手織りのふくっらとした優しさがある紬を

集めてみました。草木染で紫紺を使ったこの作品もオシャレです。岩手の

南部紫紺が有名ですが、米沢の紫紺紬もステキです。

michinoku


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:14 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile