Entry: main  << >>
久米島紬と吉野間道

昨日は、出光美術館で開催されている

江戸琳派の酒井抱一(さかいほういつ)と

鈴木其一(すずききいつ)の作品を中心とした

「江戸の琳派芸術」に行って来ました 

 

今日は手技の輝きのある2点の作品

ミントグリーンの久米島紬に

吉野間道の名古屋帯を合わせて

久米島紬と吉野間道

 

久米島紬は黒褐色の地色と特色のある絣模様

そして素朴な風合いが人気の紬です

15世紀ごろから織られ続けており

重要無形文化財に指定されています

 

このステキな

ミントグリーンの久米島紬は

うれしい出会いです

 

久米島紬の特色のある黒褐色は

ティカチとグールで染織した糸を泥媒染したものですが

 

このミントグリーンは、どのような草木染めで

色を出したんでしょうね 

 

江戸時代に生まれた「吉野間道」は

名物裂一種で寛永の三大名妓と言われた吉野太夫に

京の豪商が贈った南蛮渡来の織物です

 

「吉野間道」は民芸運動の提唱者・柳宗悦氏の甥で

染織作家の柳悦孝氏が復元し、

藤山千春さんが悦孝氏の一番弟子として

吉野間道を作り続けています

 

久米島紬と同様に草木染そのものです

糸の重なりの配色が見事ですね

 

「江戸の琳派芸術」続き

琳派は本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)と

俵屋宗達(たわらやそうたつ)に始まり尾形光琳により確立され

江戸の地で琳派の再興を図ったのが酒井抱一

その一番弟子が鈴木其一です

八ツ橋図屏風、紅白梅図屏風、風神雷神図屏風等

見ごたえがありましたね

 

吉野太夫はありませんでしたが

酒井抱一の作品に「遊女と禿図」がありました

 

 

 

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:03 | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile