Entry: main  << >>
足袋(たび)って大事なんです

今日はキモノの脇役、足袋(たび)について

 

足袋(たび)はキモノを着る際に足に直接履く

日本固有の伝統的な衣類でですね

木綿の布でできたもので、小鉤(こはぜ)と呼ばれる

特有の止め具で固定します

 

草履・下駄・雪駄を履く際に用いるために

つま先が親指と他の指の部分の

二つに分かれています

 

足袋の起源は平安時代の貴族が履いていた

下沓(しとうず)と呼ばれる靴下の説と

当時の猟師が履いていたとされる

皮製の靴下が源流の説があります

 

初期の足袋は足首部分に紐がつけてあり

紐を結ぶことで脱げおちないように止めていました

 

江戸時代の前期までは皮製の足袋で

その後は木綿製の足袋が普及しました

 

現在の足袋は「小鉤(コハゼ)」と金属の金具(ホック)を

「受け糸」と呼ばれる糸のループに引っ掛けて

留めるようになっています

江戸後期から明治前期にかけて普及したものです

 

上下同じメーカーの「コハゼ」と「受け糸」部分ですが

下の足袋は「コハゼ」と「受け糸」の横に

履きやすいようにミシンがしてあります

 

足袋は表生地・裏生地・底生地の3種類からできています

一般的には表・裏・底共に面素材が使用されています

 

綿等の織物で作られた足袋は大きく伸縮することがないので

サイズ構成はセンチ単位(15cm〜28cm 28cm〜お取り寄せ)

 

ポリエステル混紡生地やナイロン糸の伸縮にゆとりがあるので

サイズ構成はS/M/L/2L/3L/4Lと表示されています

 

当店では草履との相性も良い綿等の織物で作られた足袋を

オススメしています

足袋底の内側部分

 

下の画像の足袋底には抗菌防臭加工がされており

底の厚み感がありますので

とても履きやすいです

 

サイズの合わない足袋は疲れの原因に

 

甲の高い方、外反母趾等でお悩みの方にも

足に合うたびは見つかりますよ

 

これからの時期、寒さも本番です

たかはしきもの工房さんの

「絹の足袋下ハイソックス」も

重宝します


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:32 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile