Entry: main  << >>
吉祥文様の色無地で

今年も一年が「無事」に過ぎていきます

12月のお茶の席に掛けられている軸に

好んで使われる言葉ですね

 

一年間応援して頂きありがとうございます

 

来年が良いことがたくさんあるように

日本の文様の色無地で一年の締めに

 

波上の線のを対象に向き合わせ

連続して立ち上がる形が「よろけ縞」

その中に雲が入っています

 

「瑞雲(ずいうん)」

雲は手が届かない、手にすることができない事から

神秘的な「気」を

そして雨を呼ぶことから実りと豊穣を表し

よきことを呼び寄せ

途切れなく立ち上がる「運気上昇」の願がこめられている

吉祥文様で、めでたい時にかかる紫色の雲をさします

 

色無地に使われている白生地は

国産の繭から繰糸した生糸を用いて

国内で製織された希少な

「純国産日本の絹」に、こだわりました

 

「宝尽し(たからづくし)」

如意宝珠(にょいほうじゅ)、打出の小槌、隠れ蓑、

隠れ傘、丁子、法輪、宝剣、花輪違い、祇園守、

鍵などの宝を織りこんだ

おめでたい吉祥文様の色無地です

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:31 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile