Entry: main  << >>
思い出があるから、もう一度

40年以上前の相良刺繍(さがらしししゅう)の付下げを

寸法と裏地の取替えでご相談に

 

簡単にお受けできそうですが、寸法を広くする場合に

縫込みの跡がキツク、お仕立て直した場合に

目立つので、おすすめ出来ない場合もあります

 

早速その場で少し解いて

裏から確認をします

やわらかなやさしい縫いで

これなら大丈夫ですね

 

蘇州刺繍(そしゅうししゅう)、スワトウ刺繍、相良刺繍は

中国三大刺繍ですす

 

相良刺繍は生地の裏から糸を抜き出して

結び玉を作り、これを連ねて模様を描いていく技法で

光沢はありませんが蘇州刺繍と同じ糸を使用しています

 

相良刺繍の歴史は中国では漢の時代から、日本でも奈良時代に

仏像の羅髪(らはつ 巻き毛)部分に使用されています

 

わかりやすい柄の部分を拡大してみました

 

お若いときの八掛(はっかけ 裏地)の色を

取替えると

ステキな付下げになりますよ

 

八掛の色を決めるのは

とっても大事なことなので

お話をしながら

お客様を引き立てる色を

ご提案していきます


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:51 | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile