Entry: main  << >>
いざりばた人形をお披露目

昨日は夕刻、街散策に大船へ

 

いつもパンを求めて

CALVAさんに行くだけでしたので

ゆっくり散策

活気のある下町です

帰りに駅ビルで高久製パンさんが

 

思わず食パン買ってしまいました

 

30年以上も前に新潟の十日町に行ったときに

惹かれるものがあり求めた「いざりばた人形」

 

いざり機(いざりばた)は5世紀ごろ中国から

機織(きしょく)技術が伝わったときに

導入された手織機です

 

細かい部分まで誠実に作られており

糸の色も求めたときの状態です

あの時の気持ちが蘇ってきますね

 

いざりばたは、結城紬、小千谷縮、越後上布などの

伝承織物に使われています

 

十字絣のキモノに別珍の黒衿

そして顔の表情から伝わってくる

雪国の機織の静かな空間

 

いざりばたは、床に座り、機に張る経糸(たていと)を

織り手の腰当に結び

腰の屈伸で糸の張り具合を調整しながら織ります

 

いざりばた人形を

良い状態でお見せできるのが

うれしいです

 

それぞれの職業に

プロがいる事が実感できますよ

31日(土)まで展示します


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:23 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile