Entry: main  << >>
打掛のお手入れ

今日5月15日は沖縄復帰記念日

紅型や花織、芭蕉布、みんさーで人気の沖縄県が

昭和47年(1972年)5月15日に

「沖縄返還協定」により

アメリカ合衆国から日本に返還された日です

 

大きなスーツケースに入れて

お持ちいただいた

赤い「ふき」が印象的な打掛です

結婚式で着用したので

お手入れをすることに

お客さまと一緒に広げて

現在の状態を確認する事から始まります

 

掛け下(打掛の下に着る振袖)です

和装の婚礼衣裳のなかで、最も格の高い白無垢は

邪気をはらい神聖な儀式に臨むための

特別な衣裳になります

 

掛け下の下に着る長襦袢になります

緊張感と気温で汗を書いている場合が多く

確認作業をします

 

半衿は着用したら

必ずお手入れをしないといけません

一回だから大丈夫と思われている方も

 

鶴の刺繍がほどこされた重厚な半衿

羽の部分の汚れをシミ抜きで落とします

この汚れは、洗ってもきれいにならない

ので、特別な技術のいる仕事になります

 

キモノのお手入れは常に緊張感があります

信頼してくださるお客差物ために

技術を持った職人さんが支えてくれています


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:44 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile