Entry: main  << >>
浅草寺の新奥山で見つけた弁士塚

1989年(平成元年)9月27日に横浜の本牧埠頭A突堤(中区)

と大黒埠頭(鶴見区)をつなぎ東京港方面と横浜港を結ぶ

港湾物流の一端を担う横浜ベイブリッジが開通しました

 

明日の28日(金)から3日間

京都の四条大宮「アートスペース久保」にて

藍田正雄さんと藍田愛郎さんの

作品展を開催、ご来場をお待ちしています

 

昨日は浅草で午後から開場の展示会がありましたので

いつもより遅い時間の浅草寺へ

正面の本堂から見えるスカイツリーは

皆さんが撮影していますので

伝法院よりから撮ってみました

 

本堂西側の一角が新奥山として整備されて

様々な碑や像が立っています

奥山は江戸時代に本堂の裏手を指した俗称で

参拝者が休息する水茶屋が並び、芝居、見世物、軽業

等の大道芸人が人びとを楽しませた場所でした

浅草の娯楽を支えた人びとを記念する諸碑のひとつに

映画弁士塚があります

 

映画弁士塚は明治・大正期の無声映画が活動写真として

盛んだった頃の百余名の弁士たちの名が刻まれています

 

活動弁士は、活動写真(サイレント映画)を上映中に

その内容を解説する専門の職業的解説者で

昭和初頭のトーキー出現とともに時代を終えました

右の一番上に名弁士の徳川夢声さんが

 

12時前後の本堂です

外国の人が多いのにも慣れてきました

浅草寺に行くたびに新たな感動が

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:51 | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile