Entry: main  << >>
帯のメンテのご相談に

2018年のノーベル生理学・医学賞に

「がん免疫療法開発」で功績のあった

京都大学の本庶祐氏(ほんじょ・たすく)

と米テキサス大学のジェームズ・アリン

教授が授与すると発表されました

 

お客様から、まだ締めていない帯ですが

長い期間タンスにしまったままなので

大丈夫でしょうかとのご相談が

 

お太鼓部分の拡大になります

葉の下の銀地部分に

小さな黒いカビのシミがあります

現状のままで、3年くらい経過しますと

カビによる黒シミが多く発生して

使えなくなる可能性がありますと

お話させていただきました

 

帯をほどき帯芯の状態を確認します

帯芯にカビが発生しています

3年前後でこのシミが

帯全体に移り

帯芯も茶色く変色します

帯のシミは取れにくいので

シミ抜きをお受けできない場合が多く

早い発見が大事です

 

下部分に新しい帯芯を置いてみました

防カビ加工済みの新しい白い帯芯に入れ替え

洗い張りをしてから

お仕立て直しをすることになりました

(帯芯のカビは洗っても落ちません)

ご相談が早かったので

帯も再生できるようになりました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:40 | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile