Entry: main  << >>
柄の数を楽しむ江戸小紋

今日10月8日は、寒露(かんろ)になります

寒露は二十四節季の第17で露が冷気によって

凍りそうになるころで、雁などの冬鳥が渡ってきて

菊が咲き始め,こおろぎ等がなき始めるころとされています

でも、昨日の10月とは思えない気温の30度超えに

季節感のズレも

 

左の紅葉と右の菊模様で

季節を感じるのも楽しい江戸小紋は

二代目 金田昇さんの作品です

 

約300柄を一反に染めて

モダンな組み合わせで

おしゃれが楽しい季節に

 

縁起の良い宝尽くし模様も

きれいに染められています

危険な事物から身を守ってくれる蓑(みの)

願をかなえてくれる打出の小槌

秤で金の重さを測る分胴は富の象徴

知恵・知識の巻物

勝負の采配を決定づける軍配

宝の倉庫の鍵の宝鍵は富の象徴として

この型紙では他に

豊作と商売繁盛の俵積と

めでたいの鯛があります

この二つを入れた宝尽くしも魅力です

 

円形が連鎖して繋がる七宝柄には

円満、調和、ご縁などの願が込められた

縁起の良いがらです

七宝は、仏教の教典に出てくる

七種の宝(金、銀、瑠璃、水晶、しゃこ貝、珊瑚、めのう)を

あらわしています

 

浜ちりめんの1等品を使用して

質感もしっかりとしています

それぞれのシーンで映える

エレガントスタイルで


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:28 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile