Entry: main  << >>
洛風林さんの名古屋帯レリーフ

10月28日は、もめんの日です。

799年(延暦18年 平安時代)に日本で初めて愛知県三河地方

(現在の西尾市)に天竺人が綿の種とともに漂着して

村人に綿の栽培を教えた事が始まりで、木綿の発祥地とされて

おり、天竹神社(西尾市天竹町)で棉祖祭が執り行われます。

棉神様を祀る神社としては全国唯一です。

綿が連続して栽培され一般的になるのは

戦国時代後期からになります。

 

洛風林さの名古屋帯レリーフの

お太鼓部分です

銀鼠の地色がステキです

 

白をたくみに使った

柄の立体感が上質さを伝えてくれます

 

近接になります

白を引き出す藍色が魅力に

 

裏側になります

にごりのない藍の色糸が

印象的です

 

葵文様の小紋に合わせてみました

力強さもあり、しなやかな印象が

感じられます

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:35 | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile