Entry: main  << >>
勝山織物さんの袋帯「微石唐草文」の帯合わせ

今日から、年賀状の受付が開始されます。

1873年(明治6年)に郵便はがきが発行され、

年始のあいさつを簡潔に安価で書き送れるという事で

葉書で年賀状を送る習慣が

急速に広まっていき、1887年頃には

年賀状を出すことが国民の間に

年末年始の行事の一つとして定着するようになりました。

なお年賀状は本来、元日に書いて投函するものです。

 

勝山織物さんの袋帯「微石唐草文」に

日本産本漆を使う根津青宗さんの

「越後染印傳」付下げを

合わせてみました。

腹文になります

 

お太鼓になります。

上品でモダンな印象に

 

二代目 金田昇さんの創作江戸小紋

「胡麻」に合わせてみました。

当店のオリジナル色になります。

 

紺屋二代目保科さんの

伝統工芸極型江戸小紋

「お召十」に合わせてみました。

スッキリとしたモダン感覚で


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:39 | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile