Entry: main  << >>
岡村天満宮から岡村梅林を散策

今日、1月11日は「(かがみびらき)」。

お正月に神(年神)様や仏様に備えた鏡餅を

下げて食べる行事で、神仏に感謝し、無病息災などを

祈って供えられた餅を汁粉、雑煮などでいただきます。

刃物で餅を切るのは、切腹を連想させるので「切る」

「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉に。

鏡は円満を意味し、開くは末広がりを意味します。

 

今月から木曜が定休日になりましたので、

近くの「岡村の天神さま」を訪ねてみました

天神様の菅原道真公(すがわらのみちざなこう)と

牛にまつわる伝説や逸話から牛の像が

天神さまには、奉納されています。

 

この石牛は明治42年(1909年)に奉納されています。

受験生に撫でられている頭部は、つやつや

「天神さまの撫で牛」として有名です

 

「岡村の天神さま」本殿にお参り

岡村天満宮の創立年代は、縁起によると

鎌倉時代の建久年間(1190年〜1198年)に

源頼朝の家臣が京都の北野天満宮の分霊を

いただき、この地に社を創建したといわれています。

 

私の仕事に関連している「針塚」が

2月8日は、折れ、曲がり、錆びなどによって

使えなくなった縫い針を供養し神社に納める

「針供養」の日です。

 

境内には、横浜松坂屋から移築された

「ゆずの壁画」もありました。

岡村は、ゆずの育った町ですね

 

岡村公園の駐車場に車を止めると

「岡村天神さま」も「岡村梅林」もすぐです。

「岡村梅林」からの富士山

駐車場の料金は、2時間300円です。

 

梅が一部咲きと、淡い期待をして「岡村梅林」へ

 

散策する人に会いませんが

静かな雰囲気に心が癒されます

 

蕾がまだ固そうでう。

咲くまで、あと10日かかりそうでう

残念!!

 

梅の花は見れませんでしたが

「岡村天神さま」の御守で

見たことに

 

2019.1.10 撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:05 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile