Entry: main  << >>
留袖には、「末広」が必要です

結婚式に黒留袖・色留袖で

ご出席の場合に、「末広(すえひろ)」が

必要になります。

 

女性用は、塗りが一般的で両面に、

金・銀の紙が張られています。

男性の紋付の場合は、

竹骨の白い扇になります。

 

一般的な「末広」は、右側の無地と

中央の鶴亀になります。

 

開く方を上にして、

自分から見て、左側の

帯と帯揚げの間に

差し込みます。

 

装いに合わせた、上質な「末広」も

取り扱っております。

「末広」は、末広がりの形で、

おめでたい気持ちを表しています。

 

「末広」は、儀礼の際に必要で、

開いて使うことは、あまりしません。

(ご祝儀を渡すときに、

開いて使う場合もありますが。)

扇いで使う事は、しません。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:07 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile