Entry: main  << >>
小千谷ちぢみと琥珀織帯

感染症予防といたしまして、定期的なテーブ

ル・椅子の消毒、換気を行っています。また

、手指消毒液を用意していますので、お使い

ください。

従業員も体調管理には万全を期していますが

、感染症予防のためマスクをしての接客をを

行うほかお客様と当店従業員、お客様同士も

十分な距離をとっての接客や会話をお願いし

ています。

 

1908(明治41)年7月25日に、化学者の池田

菊苗(いけだ きくなえ)が「グルタミン酸

塩を主成分とする調味料製造法」の特許を取

得しました。

この特許は翌年鈴木製薬所により「味の素

として商品化され、うま味調味料のさきがけ

となりました。

当時の商品名は「味精」でした。

 

織田工房さんの小千谷ちぢみに、博多・

大倉織物さんの琥珀織八寸帯を合わせま

した。

 

市松模様の中に、切子ガラスの

ような表情がステキです。

 

幅広く合わせやすいのが。

琥珀織の魅力です。

 

残暑の9月の装いのイメージで

 

濃地でしゃれ味のある小千谷ちぢみを

洗練された雰囲気に

 

京都・衿秀さんの夏帯締めに、

東京・山崎さんの夏帯揚げを

合わせました。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:37 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile