Page: 2/219  << >>
七歳のお祝、十三参り、そして二十歳

1945年8月9日午前11時02分に長崎県長崎市に

原爆が投下され当時の長崎市の推定人口24万人のうち

やく7万4千人が死亡し、建物は焼く36%が全焼または

全半壊しました。毎年この日に長崎市の平和公園で

「長崎平和祈念式典(長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典)」

が行われています。

2年後の2020年8月9日は新国立競技場で

東京オリンピックの閉会式があります

 

一枚のキモノでお子様の

楽しい成長の思い出を

提案させて頂きます

七五三の七歳の晴着として

 

「一族繁栄や豊作」を意味する

吉祥文様の「福良すずめ」の小紋に

西陣織の七歳用袋帯を合わせました

 

可憐な十三参りには

豪華さのある白地に

七宝つなぎの袋帯で

 

蠻鮗苑さんの「優彩七宝華文」を

合わせました

 

成人式には格調高い

本金箔の袋帯で

 

お振袖の袖の長さは出来ませんが

思い出と愛着が

となみ織物蠅気鵑

本金箔「織文唐織」を合わせました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:04 | - | - |
夏大島に涼を求めてを-02

昨日と今日はいくらか過ごしやすい気候になりましので

気持ちがいいですね

8月8日は、ゾロ目で語呂が良いので

多くの記念日に指定されています

主な記念日に

「そろばんの日」「屋根の日」「ひょうたんの日」は夏大所間の

「タコの日」「歯並びの日」「まるはちの日」等

「まるはちの日」は名古屋市が1907年に

尾張徳川家が合印として使っていた

「まるはち印」を市章に決定して1996年(平成8年)に

記念日に制定しました

 

ハリのある地風で涼やかさが人気の

夏大島にヤツデの夏染め帯を

合わせました

 

ひと巾に160もの絣柄が織り表された夏大島

精緻な絣がきもの好きの心をくすぐります

 

制作は薩摩絣で有名な東郷織物工場さん

良い品を作り続けて定評のある老舗です

 

合わせやすいので白系の帯揚げを

使われる方が多い思いますが

すこし色の入った帯揚げをすると

ステキですよ

 

シンプルな麻の草履に

モダンな利休バッグを合わせました

 

グレー地平織りの

滋賀麻を使用した本麻長襦袢は

単衣の時期も重宝ですよ

 

薄手で繊細な地風が特徴の

最高級の夏大島です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:29 | - | - |
柳原良平アートミュージアムがオープン

今日8月7日から8月23日までが立秋に

「秋が始まる日」で

立秋から立冬の間が秋になります

まだまだ暑い時期が続きますが

暦は古代中国の「黄河流域の寒い地域」で

作られたものですから

日本とは「季節感のズレ」が生まれてしまいます

 

今年3月27日「横浜みなと博物館」にオープンした

柳原良平さんのアートミュージアム

行って来ました

トリスの宣伝で顔が赤くなっていくのを

覚えている方も多いかも

 

「横浜みなと博物館」は

帆船日本丸の横に位置しており

チケットは日本丸との共通券(600円)と

単館券(400円)があります

中に入ると横浜港の歴史ゾーンと

横浜港の再発見ゾーンのコーナーがあり

最終に目的の「アートミュージアム」が

 

柳原良平さんが毎日船を見たいと

横浜の山手に1964年(昭和39年)に移り住み

世界と日本の港と船ををめぐる

創作活動を展開しました

12月24日までは「横浜の船と港」がテーマに

なんともいえない

「ゆるい感じ」に心がいやされます

 

2時間以上も館内にいましたが

まだ見ていたい気分が

 

日本丸の全ての帆を広げる

「総帆展帆」を見たことがないので

次はぜひ狙ってみます

 

帰りがけに見つけたエアー・コンプレッサー

ここは、三菱重工蟆I預ちソ蠅寮彙

1918年アメリカ製で造船所が移転するまでの

約65年使われていた横浜の造船の歴史を

物語る貴重な資料です

 

2018年8月2日撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:09 | - | - |
趣きある霞柄の江戸小紋がオシャレ

1945年8月6日午前8時15分、広島市に原爆が投下され

瞬時に20万余の人名が奪われ、被災者数はおよそ36万人余

とされています。この日、広島では犠牲者の霊を慰め

世界の平和を祈念する

「広島市原爆死亡者慰霊式並びに平和記念式」が行われ

この夜、市内の各河川で灯籠流しが行われます

 

藍鉄色の「錐霞(きりがすみ)」の拡大部分です

錐彫(きりぼり)は小さな点で模様を表現する技法で

刃先が半円形の彫刻刀を垂直に立てて

回転させながら孔(あな)を彫っていきます

 

霞の感じが伝わるよう

反物の巾で撮影しました

 

錐彫りで表される代表的な柄には

鮫、行儀、通しなどがあります

藍田正雄さんですと「山々(やまやま)」です

 

山吹色の「角あられに霞」の拡大部分になります

一般的には「大小あられ」に使われる

丸い形が知られていますね

 

反物の巾で撮影しました

 

友禅染のぼかし技法で表される「霞模様」を

江戸小紋でモダンに表現し

新しい風が吹き始めています

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:09 | - | - |
オリジナル色つまみかんざし

1912年(大正元年)8月5日、日本初のタクシーが

誕生しました。東京・麹町区の数寄屋橋付近に

設立された「タクシー自動車株式会社」が

6台のT型フォードで営業を開始

100年以上前から存在している職種なんですね

 

布を小さくカットしたものを、折りたたみ

竹のピンセットでつまんで糊をつけ

土台につけていき、幾重にも幾重にも重ねたりして

花を表現し、これをまとめてかんざしにしたものが

つまみかんざしです

 

なかなかオシャレな髪飾りが

見つかりませんでしたので

若紫のオリジナルつまみかんざしを

女性作家さんに依頼して制作しました

昨日撮影中に、ゆかたを探されているお客様が

気に入っていただけました

 

大人の赤系を意識した

渋みのある朱のつまみかんざしです

色とデザインを作家さんと話し合い

イメージを伝えて

 

帯飾りとしてご紹介した

つまみかんざしです

 

房つきのつまみかんざしです

房の色にもこだわりが

 

オリジナルつまみかんざし

秋に向けて制作中です

お楽しみにしていてください


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:27 | - | - |
ステキな七五三祝袋帯

昨日は男性のお客様が

角帯を探して、ご来店

デパート・専門店も探されて当店へ

お気に入りの色が見つかりお役に立てました

それぞれの商品にセンスと「こだわり」を

持つのは大事なことですね

 

黒地に熨斗模様(のしもよう)の

豪華さがある七歳祝袋帯です

 

金に赤の縁取りの熨斗を束ねている

柳色が映えます

 

熨斗の中に桜模様が織り込まれています

熨斗の由来は古来の製法で調整された

「のしあわび」にあるようで

のしあわびは、あわびの肉を薄くひで、

引き延ばし紙の間に挟み

祝儀の進物や引き出物に添えたのが始まりとされ

有名な神宮のお祭りでも

奉納されているようです

熨斗模様はのしあわびの形を図案化したもので

数本束ねた「束ねのし文」が知られています

 

浅紫の熨斗模様は柳色の熨斗模様より

大きく豪華さを演出

七歳のお祝いにオススメです

品質 : 絹75% その他の繊維25%

    その他の繊維(ポリエステル・ナイロン・キュプラ)

 

七五三祝袋帯と

振袖向きの袋帯を並べてみました

帯巾は七五三祝帯が27cm

振袖向きは帯巾31cm

小さな天使のお役に立てれば幸いです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:43 | - | - |
横浜捺染でオリジナル風呂敷作りました

昨日はお休みをいただき、横浜を一日ぶらり旅

特に気になっていた日本丸の隣にある

「横浜みなと博物館」へ

サントリーのトリスの宣伝で有名な柳原良平さんの

アートミュージアムが併設されましたので

館内ではボランティアの方と昔の中華街の話に

私が子供の頃には、テーラーもありましたよとお話しすると

横浜の開港当時には「三刃(さんぱ)」という言葉があったそうです

外国の人に出す料理、理容、洋裁の出来る

中国の人たちが集まって出来たのが中華街に

たしかに三つの職業は刃物を使います

 

長い時間お相手をしていただき感謝

 

横浜大岡川の近くの「ぐみょうじ」で創業して68年に

50年くらい前の大岡川沿いには、たくさんのスカーフ等を染める

捺染工場がありました

横浜の捺染工場にこだわった大判の

オリジナル風呂敷が出来上がりました

四分の一に畳んだ大きさです

下に竹の一尺指(約39cm)を置いてみました

 

桃栗三年柿八年をイメージした風呂敷

桃の部分になります

葉との組み合わせ絶妙ですね

 

栗は二個を組み合わせたもの

葉と組み合わせたもの

柿とくみあわせたもの

栗一個の4種類が表されています

 

ヘタと丸みが魅力的な柿は

風呂敷のメイン柄になっています

生活の中に溶け込んで

使っていただきたいと考えた

オリジナル色です

 

「桃栗三年柿八年」の語源は

江戸時代後期に作られたという

「尾張(大阪)いろはかるた」のことわざの中にあり

何事も成就するまでにそれ相応の年月がかかる

ということをあらわしています

サイズ: 約107cmX約107cm

品質 : 綿100%


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:29 | - | - |
今朝のアサガオがキレイ

1982年(昭和3年)に行われたアムステルダムオリンピック

にて、8月2日織田幹夫氏が陸上三段跳びで金メダルを

そして人見絹江氏が陸上女子800mで銀メダルを

日本人として初めてオリンピックにて

メダルを獲得した日です

2020年東京オリンピックで143個目(夏季オリンピック)

の金メダルを目指しまます

 

書道家、河合瑞祥先生からお借りしたアサガオ

実は6月にお借りしていたアサガオが

上手に育っていなかったので取り替えてくださいました

花を育てるのは、上手だと思っていましたが

ちょっとお借りする時期が早すぎて、

育てられなかったのが残念です 

今日は定休日なので、ちょっと時間がありますから

一番好きな花の状態をゆっくりと観察

このつぼみの状態が一番のお気に入り

 

2018年8月2日撮影

 

アサガオはヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物で

日本で最も発達した園芸植物です

奈良時代末期に遣唐使によってアサガオの種子を

薬として持ち帰り、平安時代(794年〜1185年)には

薬用植物とした扱われています

 

2018年8月1日撮影

 

江戸時代の2度のアサガオブームを機に

品種改良が進み観葉植物となり

幕末には約1200系統も作られたいました

蔓もしっかりとしているアサガオは

私の育てたアサガオとの違いが歴然

細かな愛情が花には大事ですね

 

2018年8月1日撮影

 

ブログを書いている途中で

もう、こんなに開き始めています

花を見ていると時間がスーッと過ぎていきます

このアサガオは「湘南の紅」という品種です

強い西日がまともにあたる当店では

アサガオの葉も午後4時頃にはしおれた

状態になっていますが朝はこんなに元気

良い一日でありますように

 

2018年8月2日撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:59 | - | - |
疲れにくい高反発素材の草履

今日から8月、大雨に危険な猛暑、台風と続いた7月から

気持ちを切り替えていきましょう

「弘前ねぶた」と「盛岡さんさ踊り」が今日から始まります

今月は見ごたえの全国の夏祭りを見るのも楽しそうです

 

プレミアムな高反発素材を載せた

歩きやすく疲れにくい本皮草履は

大阪「きくのこのみ」さんの製品になります

 

光沢と立体感のある鱗模様の

シルク印伝鼻緒に

前つぼのやさしいピンクがアクセントに

高反発素材が載っていますので

つま先部分が盛り上っています

 

関西の和装小物の問屋さんと取引をして

感じたことが一つありました

それは、草履のサイズになります

関東では「Lサイズ」が多く出ますが

関西では「Mサイズ」が主になります

鼻緒を少しゆるめに挿げて対応しています

この草履も「Mサイズ」で24.5cmまで対応に

 

以前に紹介した「中クリバッグ」と合わせました

モダンな感覚でステキになりますね

 

草履台の比較になります

左の白い草履が一般的な台です

右側の千歳茶(せんざいちゃ)色の草履は

高反発素材が載せられていますので

かかと部分がふっくらとしています

疲れにくい草履は、キモノライフが

楽しくなります


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:07 | - | - |
絽縮緬(ろちりめん)の小紋がステキ

店頭に見頃の2鉢のアサガオ

書道家の河合先生か丹精に育てている

アサガオをお借りしています

午前中は楽しめますのでぜひ見に来てください

 

涼やかな風が伝わる瓢箪の夏名古屋帯に

絽縮緬のステキな小紋を合わせました

 

絽縮緬は初夏・初秋とされていましたが

盛夏にも着用の範囲が広がっています

帯屋捨松さんの夏名古屋帯で

オシャレさのある、さりげない上質感を

 

細かいシボのある縮緬地に絽目を通した

絽縮緬は老舗白生地メーカー

伊と幸(いとこう)さんの製品です

 

ザラっとした細やかなシボの質感

そして風が通る気配がしながら

適度な重量感もあります

画像中央部分の透け感が伝わるといいのですが

 

大小の点で表されたモダンな波模様には

独特の立体感があります

カジュアルから准フォーマルまで

帯合わせで楽しめる絽縮緬は

持っていると重宝する夏の素材です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:56 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile