Page: 2/22  << >>
吹き寄せの付け下げの帯合わせ

10月31日は、ガス記念日です。

1872年(明治5年)10月31日に

横浜市の大江橋〜馬車道・本町通りに

かけて十数本のガス灯が灯ったことに

由来しています

 

都さんの「四季紅葉文」袋帯を

合わせてみました

秋麗の日を彩る

お出掛け着に

 

吹き寄せの紅葉を意識した

秋色コーデ

 

染めなごや帯「円取り松」を

合わせてみました

深みのある焦茶地に映える松は

吹き寄せの松を意識して

 

織楽浅野さんの横段唐花模様を

織り表したなごや帯で

合わせてみました

 

さりげない上質感のある付下げに

モダンを感じさせる

淡彩のなごやおびが清々しく


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:09 | - | - |
洛風林さんの名古屋帯レリーフ

10月28日は、もめんの日です。

799年(延暦18年 平安時代)に日本で初めて愛知県三河地方

(現在の西尾市)に天竺人が綿の種とともに漂着して

村人に綿の栽培を教えた事が始まりで、木綿の発祥地とされて

おり、天竹神社(西尾市天竹町)で棉祖祭が執り行われます。

棉神様を祀る神社としては全国唯一です。

綿が連続して栽培され一般的になるのは

戦国時代後期からになります。

 

洛風林さの名古屋帯レリーフの

お太鼓部分です

銀鼠の地色がステキです

 

白をたくみに使った

柄の立体感が上質さを伝えてくれます

 

近接になります

白を引き出す藍色が魅力に

 

裏側になります

にごりのない藍の色糸が

印象的です

 

葵文様の小紋に合わせてみました

力強さもあり、しなやかな印象が

感じられます

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:35 | - | - |
干支の木目込み亥

10月27日は、「テディベアズ。デー」です

熊のぬいぐるみテディベアは、アメリカの

26代大統領セオドア・ルーズベルトの誕生日に

由来しイギリスで始められた記念日で

「世界中で「心の支えを必要とする人たちに

テディベアを贈る運動」が行われています。

 

龍村美術織物さんの

干支の木目込み亥が

入荷しました

 

胴飾りに使われている裂は猪目文(いのめもん)

猪目は神社や仏閣の扉、様々な器具の飾りの部分に

みられるハート型の文様で、猪の目に似ている事から

猪目とよばれており

猪はその目力で、魔よけ、厄除けとして祭られています

猪目を持つ装飾金具を立涌状に構成し

中央に目貫にみられる猪を配し

経錦として織られている新柄です

 

表飾りに使われている裂は

春正芒文錦(しゅんせいすすきもんにしき)です

江戸初期の蒔絵の名工として著名な山本春正の

芒文様を錦に移しています

 

巾着飾に使われている裂は

朱子地五葉草花文様金モール(しゅすじごようそうかもんよう)

で、五葉草花文様をモール風に織出しています

 

頭・鼻・尾・脚飾りに使われている裂は

ゴールドメロンです

この文様は人間の感性からは生まれない

メロンの表皮に範を求め

錦として織り成されています

 

耳・牙・巾着上飾りに使われている裂

「菊もみ」は、京都鷹ヶ峰の光悦寺にある

桃山時代に活躍した美術工芸の天才

本阿弥光悦の紙の芸術「大菊もみ」を

織物にうつしています

 

新年の歳神様をお迎えする

龍村さんの木目込み亥

サイズ H12.2cm・W14.5cm・D7.5cm 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:05 | - | - |
生地質にこだわりの小紋の帯合わせ

1983年(昭和58年)10月26日に

「緑の回復と人間性向上」をテーマに

東京都立川市と昭島市にまたがる

国営昭和記念公園が開園しました

 

中柄の葵文様に

洛風林さんの名古屋帯

レリーフを合わせてみました

 

腹柄の近接になります

レリーフは浮き彫りあるいは

浮き彫り細工の美術技法を

意味する言葉です

立体感がある、ふくれ織で

モダンアート感を演出

 

さりげない帯の色使いが

装いを都会的に

仕上げてくれます

 

腹柄部分の近接になります

アールヌーボーの装飾模様を

思わせるオシャレさのある

ふくれ織が魅力


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:43 | - | - |
柿泥紬の帯合わせ柿-02

今朝は、久しぶりに大岡公園へ

公園の木のほとんどが

台風の風を受けた南側が

塩害で葉がほとんど落ちていました

今年は紅葉は見れないみたいです

自然の力を知らされます

 

おぐにの柿泥紬に

江戸小紋の金田昇さんの

染め帯を合わせてみました

腹柄部分の近接になります

 

遠目では無地に見える

江戸小紋の特徴をいかした

色遊びで

 

よろけ縞が印象的な

お太鼓の部分になります

 

お太鼓部の近接になります

大小アラレ、角通し、変わりお召十の

3柄の組み合わせです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:46 | - | - |
柿泥紬の帯合わせ

今日は、統計の日です

明治3年9月24日(1870年10月18日)に

現在の「生産統計」の起源となった

府県物産表に関する太政官布告が公布

されたことに由来して1973年(昭和48年)

に制定されました。統計といえば国勢調査

で第一回目は1920年に行われています

 

柿泥紬に菱屋六右ェェ門さんの

名古屋帯「四季花文」を

合わせてみました

 

お太鼓部分になります

実際に織っているのは

高垣織物さんです

 

近接になります

萩とすすきの組み合わせになります

 

腹柄のい部分になります

古代紫の色が

柿泥紬を奥ゆかしく魅せてくれます

 

街歩きが楽しくなるる

モダンさのある柿泥紬に

しゃれ味をプラスして


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:54 | - | - |
十日町紬の帯合わせ

おはようございます

台風24号の接近のため

「江戸小紋 in 京都」の本日30日の

展示を中止させていただきます

ご予定なさっていたお客様には

ご理解の程よろしくお願い致します

 

今日9月30日は

「交通死亡事故ゼロを目指す日」です

生活安心プロジェクトの一環として

2008年(平成20年)から実施されて

一年に3回、2月22日と4月10日

9月30があります

 

やさしい色が魅力の十日町紬に

大人可愛くをイメージして

帯屋捨松さんの八寸名古屋帯を

合わせてみました

 

気軽に街歩きを楽しみたくなる

八重山みんさーの半巾帯を

合わせてみました

 

「エレガントスタイル」を意識して

井上久人さんの筑前博多織の

八寸名古屋帯を合わせてみました

 

きれいな青磁色の塩瀬地に

桜が映える九寸帯を合わせてみました

一枚の絵を見ていただくように

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 08:04 | - | - |
大岡川の桜の帯もうすぐ出来上がります-02

9月26日は統計上、台風の襲来が多い日です

1954年(昭和29年)の「洞爺丸台風」で

青函連絡船・洞爺丸が転覆

1958年(昭和33年)に「狩野川台風」が

伊豆・関東地方に来襲

1959年(昭和34年)に「伊勢湾台風」が

東海地方に上陸しています

災害に対する準備はいつの時代でも必要ですね

 

護岸に張り付くように成長して

花を楽しめるようになった

大岡川の桜 何年も見守ってきました

2018.03.26撮影

 

大岡川の桜の枝を使用して染めた糸で

織り上げた無地の名古屋帯に

元気をもらった桜を

手描き友禅染で描くこだわりの作品

NHKの「小さな旅」で紹介していただいた

下絵になります

 

台風の大雨等で流されないでと思いながら

ずっと見守ってきた桜

根がしっかりとしてきました

2018.04.05撮影

 

帯の地色が入り

自分の思っている

大岡川の桜に

 

タレ下に描かれた

大岡川のサギです

2018.04.05撮影

 

こだわった根の部分です

大岡川の川の色も

ステキに描かれていて

出来上がりが楽しみです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:05 | - | - |
大岡川の桜の帯もうすぐ出来上がります

1877年(明治10年)9月24日は

西南戦争で敗れた

西郷隆盛の忌日の南洲忌です

本人の写真がほとんど存在していない

ことでも知られています

 

今年の4月22日(日)にNHKの

「小さな旅」で紹介された

大岡川の桜の帯の

お太鼓部分の下絵になります

 

川岸に育つ桜

大岡川のシンボルに

なってほしいですね

 

この根の部分が

一番苦労したところです

 

たれ下には

サギを配しました

 

腹柄になります

大岡川の流れる

水の色にも

大岡川の桜で染めた

紬地を生かす工夫が

 

腹柄部分になります

制作も進み

もうすぐ出来上がってきます

お楽しみにしていてください

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 08:01 | - | - |
みんさーの半巾帯が楽しい

今日9月22日は「国際ビーチクリーンアップデー」

アメリカ・サンフランシスコに本部のある

海洋自然保護センターが1985年(昭和60年)から実施して

この日に近い週末に、世界各地で一斉に海岸のごみを

拾い集め、その量・種類等を調べることによって

海洋のゴミの発生元や地球環境への影響を調査しています

今は、「海洋プラスチック汚染問題」で

世界中が海に関心をよせています

 

年間を通して扱っている

八重山みんさーの半巾帯に

新色が入荷しました

沖縄の海の色のようなブルーと

島をあらわすグリーンの半巾帯です 

 

近接になります

沖縄の海の色をイメージが

伝わってきます

 

みんさーの特徴の絣模様は

海にとけこむように

小さく織られています

 

1480本の経糸を使った

着心地に人気のある

丹後木綿に合わせてみました

 

2段の絣が印象的な

グリーンのミンサー半巾帯を

合わせてみました

どちらの帯も草木染・化学染併用の手織で

織人は 新 裕さんです


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:01 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile