Page: 2/73  << >>
季節の花で、いらっしゃいませ

1936年(昭和11年)2月5日に

日本職業野球が連盟が東京巨人軍、大阪タイガーズ、

名古屋軍、東京セネターズ、阪急軍、大東京軍、

名古屋金鯱軍の7球団で設立されました。

1937年に後楽園イーグルス、1938年に南海軍を加え

9球団になって全国規模の社会人リーグ戦が

行われるようになり、

1938年に日本野球連盟に改称。

 

今年は、めずらしく鉢植えの梅が元気が良く

蕾もたくさん付いていたので

店頭の水車の横に

 

ひょろひょろとしていますが、

お店に来て、もう30年以上経っています

毎年、楽しませてくれるのは

うれしいですね

J:COMさんが昨日も店頭撮影で

この梅を撮っていました

 

入り口で、お客様を迎えてくれる山茶花

この木が一番古く、お店に来て50年以上に

良く頑張ってくれています

 

今年は、植え替えをしてあげないと

蕾を減らして花数を調整したのですが

花の大きさが、ちょっと小さいような気が

多分根がいっぱいで、植え替えてサインです

 

こちらの山茶花は、店頭予備軍です

時期が一緒なので、デビューに間に合うかな

 

2019.2.4 撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:11 | - | - |
岡村梅林これから見頃

1953年(昭和28年)2月1日14時、日本放送協会(NHK)

東京テレビジョン(JOAK-TV)が本放送を開始しました。

当時は一日の放送時間がが4時間程度で

大部分の番組は生放送の時代で

NHKで初のクイズ・ゲーム番組「ジェスチャー」が

2月20日から放送開始(−1968年3月25日)されています。

チームキャプテンは、柳家金五郎さんと

水の江滝子さんが務め、司会が小川宏さんでした。

 

定休日なので、二宮の吾妻山にと思っていましたが

天気も心配なので、近くの岡村梅林へ

 

冷たい小雨の降る午前中、

まだ白梅が咲くのには早いようで

紅梅だけが咲いていました。

 

ちょっと穴場の岡村梅林ですが

この天気では、人ともあいません

 

入り口近くの紅梅です

鳥の鳴き声はしますが

姿は見えず、時間が過ぎていきます

 

白梅の見頃まで、

十日前後かかりそうです

 

お店の水車の前に置いた鉢植えの白梅

今年は、花つきも良く今が見頃です

岡村梅林も大丈夫と思ったのですが

ちょっと早かった

 

2019.1.31 撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:09 | - | - |
商店街のプロモーションビデオ

1912年(明治45年)1月31日に

中央線・中野ー昌平橋(しょうへいばし:東京都千代田区)に

女学生の身辺保護のために、朝夕の通勤・通学のラッシュ時に

日本初の女性専用車両として

「婦人専用電車」が登場しました。

 

南区の商店街プロモーションビデオの

取材がありました。

思っていた以上に本格的です。

 

お店の前は、交通量が多いので

車が写らないように撮影するのが

大変で、時間もかかったようです。

 

レポーターのモデルさん

初めてのキモノ姿に感激していました

キモノの文化って、ステキですねの言葉が

 

区役所で書類を取りにいった時の

待ち時間等に放映されます。

J:COMさんの番組でも、放送されるかもしれません。

 

タイトルは「かくれた名店がいっぱい」

大岡通り商店街 みたいです。

記念の一枚、撮らせていただきました


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:03 | - | - |
大岡公園で十月桜が咲いています

1902年(明治35年)1月25日に

北海道旭川市で最低気温マイナス41℃を

観測し、日本における公式の最低気温の

記録になっています。青森では、八甲田山

雪中行軍遭難事件が発生しました。

ちなみに、冬日は日最低気温が0℃未満の日で、

真冬日は日最高気温が0℃未満の日です。

 

当店から歩いて2分の大岡公園に

十月桜が3本あります。

昨年の十月頃から開花して

今も花を楽しめます

 

十月桜は、交雑種コヒガンの

園芸種になります。

 

冷たい風の中でも

桜の花を見ると

ほっとしますね

 

公園内には、2ヶ所健康遊具が

配置されています。

 

大人用のツイストスツールです。

それぞれの世代が楽しめる

工夫がしてあります

 

暖かくなったら、使ってみることに

開園してから認知度も上がって

土日には、たくさんの人が来園しています

 

紅梅の蕾は、まだ固いまま

 

赤いボケが印象的に

 

昨日は定休日でしたが、

東京の仕入れに

バタバタ

 

大岡公園でホット一息

 

2019.1.24撮影

 

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:14 | - | - |
鳩サブレーのステキな干支缶

1927年(昭和2年)1月24日は、東京地方で

気象台開設以来の寒波が(−8.6度)が記録されています。

2016年(平成28年)1月24日には、沖縄県名護市で

みぞれを観測し、沖縄本島で観測史上初めて

雪が降りました。今年は、関東地方も暖かい冬ですが

大寒の期間は寒さが厳しい時期なので

健康管理を万全にしてくださいね

 

神奈川県鎌倉の銘菓といえば、

黄色に鳩のマークの「鳩サブレー」ですが、

限定販売の干支缶(左)があります。

 

「鳩サブレー」は、鎌倉豊島屋さんが

製造・販売するサブレーで神奈川県を代表する銘菓で、

明治時代末期の発売には、鳩三郎(鳩サブレー)とも

呼ばれていました。

 

缶中央の近接になります

イノシシの上には黄色の鳩が

小さな絵画を手元に置けたような

楽しい夢の時間に

 

缶の横から撮ってみました

猫も存在感がありますね

 

もちろん鳩も主役です

「干支缶」の絵を描いた日本画家

古谷野雄紀(KOYANO YUUKI)さんは、

1993年生まれで2018年12月現在

東京藝術大学大学院修士課程デザイン科描画・

装飾研究室に在籍中で精力的に活動されている

アーティストです。

 

缶の裏になります。

「古谷野雄紀x鳩サブレー」の文字

そして、

登場人物が描かれています

 

開けるのが楽しみになる干支缶

中の「鳩サブレー」は

賞味期限が一ヶ月前後あります。

いつも食べている、安心の美味しさです。

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:30 | - | - |
千葉都市モノレールの旅

1876年(明治9年)1月16日に、横浜に

日本初のスケート場がオープン、

場所は、根岸村字立野(現在の中区大和町1丁目)で

水田に張った水を夜中に凍らせ、機械で平らに削って

青木安兵衛さんがスケート場にしました。

スケートリンクという言葉がなかった当時は、

「氷すべり場(じょう・ば)」と呼ばれていました。

1875年頃の横浜の1月の夜中の気温は、

ほぼ零下だったと考えられています。

 

私用で、千葉市に行ってきました。

千葉駅から3つ先の県庁前まで

千葉都市モノレールに乗ることに

 

通称「千葉モノレール」は、

1号線:千葉みなと駅ー県庁前駅間3.2km

2号線:千葉駅ー千城台駅間12km

の2路線で、運行されています。

千葉県のマスコットキャラクター

「チーバくん」が描かれています

 

終点の県庁前駅

近くには、千葉市美術館もあります。

寄りたかった。

 

線路がないので、

車両が浮き上がって入線してくる

モノレール ちょっと異次元に

 

県庁前にある羽衣公園は、千葉県の県立都市公園の中で

最も古く、1965年(昭和40年)に開設された

小さな公園です。

 

噴水地にある彫像は、藤野天光さんの「新泉」です。

藤野天光さんは、日展の理事をつとめ

千葉県立美術館の建設に献身したことで知られています。

 

千葉のお土産に

ワンコインでお釣りがくる

「すいーと パイもん」

千葉で甘藷栽培の普及につとめた

青木昆陽先生がパッケージに

千葉県産のサツマイモを使用しています

 

千葉を出て、2019ゆかたの発表会のある日本橋に。

お店に戻ったら、午後7時に。

 

2019年1月15日 撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:17 | - | - |
岡村天満宮から岡村梅林を散策

今日、1月11日は「(かがみびらき)」。

お正月に神(年神)様や仏様に備えた鏡餅を

下げて食べる行事で、神仏に感謝し、無病息災などを

祈って供えられた餅を汁粉、雑煮などでいただきます。

刃物で餅を切るのは、切腹を連想させるので「切る」

「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉に。

鏡は円満を意味し、開くは末広がりを意味します。

 

今月から木曜が定休日になりましたので、

近くの「岡村の天神さま」を訪ねてみました

天神様の菅原道真公(すがわらのみちざなこう)と

牛にまつわる伝説や逸話から牛の像が

天神さまには、奉納されています。

 

この石牛は明治42年(1909年)に奉納されています。

受験生に撫でられている頭部は、つやつや

「天神さまの撫で牛」として有名です

 

「岡村の天神さま」本殿にお参り

岡村天満宮の創立年代は、縁起によると

鎌倉時代の建久年間(1190年〜1198年)に

源頼朝の家臣が京都の北野天満宮の分霊を

いただき、この地に社を創建したといわれています。

 

私の仕事に関連している「針塚」が

2月8日は、折れ、曲がり、錆びなどによって

使えなくなった縫い針を供養し神社に納める

「針供養」の日です。

 

境内には、横浜松坂屋から移築された

「ゆずの壁画」もありました。

岡村は、ゆずの育った町ですね

 

岡村公園の駐車場に車を止めると

「岡村天神さま」も「岡村梅林」もすぐです。

「岡村梅林」からの富士山

駐車場の料金は、2時間300円です。

 

梅が一部咲きと、淡い期待をして「岡村梅林」へ

 

散策する人に会いませんが

静かな雰囲気に心が癒されます

 

蕾がまだ固そうでう。

咲くまで、あと10日かかりそうでう

残念!!

 

梅の花は見れませんでしたが

「岡村天神さま」の御守で

見たことに

 

2019.1.10 撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:05 | - | - |
河合瑞祥先生の色紙で新年

1月1日のことを元日、または元旦と言いますが、

「元」の字には初め、「旦」の字には朝という意味があり

元旦の朝のあいさつの「おめでとう」は

慶事や祝辞などを祝うあいさつの言葉です。

正月に祝うお屠蘇(おとそ)は、一年間の邪気を払い、

無病息災で暮らせるようにと願って飲む薬酒なので、

飲みすぎないように自戒しています。

 

河合瑞祥先生の色紙と

謹賀新年で新しい年を迎えささていただきました。

 

猪に乗った大黒様

書も絵も河合瑞祥先生です。

 

猪突猛進(ちょとつもうしん)とは、

イノシシが直線的に突進するように、

目標に対してがむしゃらに進むことをいいます。

物事は、まず突進する事から始めます。

始める前に考えと、

なかなか事が始まらないこともあるので、

まず前進を

 

ユーモラスな顔の大黒様に

心が癒されます。

七福神の一柱である大黒様は、

食物・財福を司る神です。

 

新年おめでとうございます

本年も応援をよろしく

お願い申し上げます。


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 22:08 | - | - |
称名寺のカラスがモデルに

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う

お祭りで降臨祭ともいわれています。

クリスマスツリーの習慣は、中世ドイツの神秘劇で

アダムとイヴの物語を演じた際に使用された樹木に由来し、

クリスマスツリーに飾り付けやイルミネーションを

施す風習は19世紀以降のアメリカ合衆国で始まりました。

 

横浜に住んでいて、歴史で学んだ金沢文庫って

どこにあるのか大きな謎、

良く調べると、称名寺の境内に隣接しています。

称名寺の庭の中心にある「苑池(阿字ヶ池)に掛かる

朱色の平橋を渡っていると

カラスが撮ってと、こちらを向いています。

 

日本で見かけるカラスは、

ハシブトカラスとハシボソカラスの2種類。

カメラを構えると、ちょっと警戒ポーズに

頭部が段になっているおでこが

でている様にみえるのが特徴の

ハシブトカラス。

 

まさか、カラスをモデルにするとは

思いませんでしたが、

しぐさが、なかなか面白い。

緊張感もなくなり自然な姿に


カラスは昔から

知能の高い動物として

知られています。

後方は、称名寺の本殿に

 

カラスに別れを告げ

本殿に向かいます

 

本殿から2・3分

このトンネルをくぐると

神奈川県立金沢文庫です。

金沢文庫は、鎌倉時代の中期に

金沢流北条氏の北条実時が設けた

日本最古の武家文庫になります。

 

称名寺境内の浄土庭園の池は、風情がありますね

称名寺は、北条氏の一族である金沢北条氏の祖、

北条実時(1224年〜1276年)が開基し、

金沢北条氏の菩提寺として鎌倉時代発展しましたので、

金沢文庫がここにあります。

 

2018年12月20日 撮影


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 07:31 | - | - |
「矢立ての杉」初めて知りました

昨日の22時23分が冬至でした。

二十四節季の第22で、北半球では

この日が一年のうちで最も昼(日の出から

日没まで)の時間が短くなります。

冬至に柚子湯に入る風習は、

江戸時代に江戸の銭湯から

流行し始まめたそうです。

 

「矢立ての杉」は山梨県大月市の

旧甲州街道 笹子にある

樹齢千年を越すといわれる杉の木

 

笹子峠を通って合戦に趣く武士が

必勝を祈願して、この杉に矢を射ったことが

その名の由来といわれています。

源頼朝もここを通っ際に矢を射たとも

言われています。

奥の杉が「矢立ての杉」になります。

 

JR笹子駅から徒歩2時間、大月ICから車で40分。

甲州街道は1602年に江戸日本橋と甲府間が開通し

1615年に下諏訪まで街道が延びました。

1938年(昭和13年)に、甲州街道一の難所でした

笹子峠に笹子隊道が完成しています。

 

「矢立ての杉」は、江戸時代後期には、

甲州街道の名所として知られ

葛飾北斎の「北斎漫画 七編 甲州矢立の杉」

歌川広重(二代目)の「諸国名所百景 甲州矢立の杉」

などで描かれています。

1960年(昭和35年)に、山梨県指定天然記念物に

指定されています。

 

「矢立の杉」樹高約28m、根回り14.8m、

目通幹囲9m、幹は地上22mで折損し、

木の中は空洞です。

 

樹齢千年を越す「矢立の杉」

中が空洞になっていても、

どっしりと立つ姿に魅せられます。

 

かなりマニアックな場所ですが

杉良太郎さんの歌碑が入り口にあります。

 

2018年12月9日 撮影

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| せいじろう | 06:36 | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile