Page: 2/18  << >>
日傘の時期ですね

6/1.2に京都 河原町で、藍田正雄さんの作品展を開催します。

関西方面で藍田さんの作品が見られる貴重な機会ですので、ぜひ遊びにいらして下さい。

 

だんだん陽射しが強くなってきましたので

日傘の時期ですね

現代において手持ちの日傘を用いる

習慣があるのは主に日本だそうです

紫外線を遮ることに対しての

日本文化になっています

 

紫外線防止加工が強化されている

レースの日傘です

強い陽射しに対応して

レースの裏生地に厚みのある綿を使用しています

 

レース部分の拡大になります

レース部分はポリエステル100%

裏地は綿100%です

 

傘の心棒のことを中棒といいます

このレース傘の中棒は木製です

 

持ち手の部分は竹製です

手元またはハンドルと呼ばれています

45cm 日本製

 

今日ご紹介する日傘は

丁寧にしっかりと作られた

5本の日本製品です

 

引染めで表された

深みのある藍のグラデーションが

魅力的な麻100%の日傘です

中棒はスチール製の2段伸縮に

手元は竹製 45cm

 

涼感のあるカワイイ水玉模様を

4ヶ所に配したオシャレな日傘です

麻100%

中棒はスチール製の2段伸縮に

手元は竹製 45cm

 

総柄の翡翠色(ヒスイ色)の花模様

そして縁レースが魅力的な

上質感のある日傘です

麻 100% レース部分 ポリエステル100%

中棒は木製  手元は竹製 45cm

 

柳にツバメ、まさしく日本の夏

通好みの日傘がオススメです

麻100%

中棒は木製

手元も木製 45cm


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:55 | - | - |
上質な帯留で楽しむ

今日は女性の日(婦人の日)です

1946年に戦後初の総選挙で始めて

婦人参政権が行使され

39人の女性代議士が誕生しました

戦後になって婦人参政権が認められたんですね

 

パーティーには豪華さのある

真珠の帯留がステキです

真珠の丸みをいかした

デザインの良さが光ります

 

草木染の黒八丈の帯に合わせた

桃色珊瑚の花篭帯留です

 

それぞれの仕事にすばらしい

プロフェショナルがいます

伝えていかなければいけない

職人の技です

 

白珊瑚のバラの帯留です

シンプルなデザインですが

驚くほどの迫力があります

 

桃色珊瑚の

今にも咲き出しそうなバラの帯留です

葉の細かい部分まで

きれいに表されていて

見ているだけでも楽しくなります


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:05 | - | - |
サンプル揃っています

今日は昭和9年(1934年)に国内初の国立公園として

瀬戸内海国立公園・雲仙天草国立公園・霧島錦江湾国立公園の

三ヶ所が指定された日で

現在は30ヶ所が指定されています

旅をしたいですね

 

「たかはしきもの工房フェア」今日から始まります

さすがに肌着類のことは詳しくありませんが

安心で評判の良い「くの一麻子」をはじめ

全アイテムが2階の売り場に揃っています

 

お客様に評判の良い「ローライズステテコ」も

SサイズからLLTサイズまでサンプルを揃えています

 

人気の「べっぴん帯板」も

ミント・ローズピンク・ライトグレー・カーキ・チャコールの

各色を揃えています スケルトンもありますよ

 

満点スリップ シリーズは

「満点スリップ エクストラ」「満点スリップ エアレット」

上身頃に爽やかな綿楊柳を使用して

隠れた人気の「満点スリップ 綿楊柳」も

各サイズ揃っています

 

柔らかく、派手すぎない優しい風合いのレース半衿

シボ高にこだわって織り出した「うずら半衿」も

 

18日(日)に高橋和江さんが来店しますので

女将さんに何でもお気軽に聞いてください


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:43 | - | - |
人気です「べっぴん帯板」&女将さんが来店

今朝はブログを終えたら

大岡川の桜を見に行ってきます

昨日見ましたら蕾のピンク色が

濃くなってきていました

 

縁にミントのカラーテープのついた

はじめての形状の

「べっぴん帯板」は、通常の帯板より横長で

脇のシワを解消してくれます

 

両端が先細りになっていますので

帯板が腰骨にあたりません

そう、この帯板には上下があります

そして、透湿性のある自然由来の表生地を

挟み込んだ備長炭シートが帯内のムレを

軽減してくれます

 

「裏ワザ芯棒」を内側に入れることで

帯に適度な傾斜が自然につき

上級者の仕上がりになります

 

ベルトの取り外しが可能ですから

ベルト有り、無し、どちらでもお使いいただけます

 

こだわりのキモノユーザーの声に応えて

開発された「べっぴん帯板」は

たかはしきもの工房さんの製品です

サイズは

小 長さ 約52.5cm 幅 約14cm

大 長さ 約56.5cm 幅 約16cm

 

今週の18日(日)に気仙沼から

女将さんが来店してくれます

着付けの悩み、補正のご相談も

お気軽に出来ますよ

そして、たかはしきもの工房さんの全製品が揃います

試着用も揃えてありますから実際に確認してくださいね


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:38 | - | - |
半衿のパッケージに自信が

春が一歩一歩近づいています

大岡公園ではハクモクレンが咲き始め

モクレンも間もなく咲きますね

 

丹後ちりめん織元のワタマサさんの

半衿パッケージです

食い意地の張っている私には

チョコレートが出てくるよう気がして

 

開けて中の半衿を見るのが楽しみに

自信のある半衿だから

大事に扱いたい そんな気持ちが

伝わってきます

 

下から順に「立涌文」「紋思慕」「七宝繋文」「小葵文」で

すべて白の半衿です

「紋思慕」が無地になります

 

地と文様の三角が交互の幾何学連続模様の

「鱗文(うろこもん)」は

陣羽織や能装束にも使われており

近年では厄除けの図柄として用いられます

 

打ち込みがいいのに驚かされます

正絹の半衿で襦袢に付けたまま洗えるので

これからの時期にオススメです

 

文様の浮き上がりが綺麗な「小葵文」です

 

半衿を付ける前に水通しをすることが大事ですね

 

巾 約16cm 長さ 約115cm

品質 絹100%  日本製

 


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 07:18 | - | - |
品が良い半衿でコーデ

半衿を探しに見えるお客様が多いので

入荷仕立ての当店好みの半衿を

 

連続した4つの丸模様に

淡い空色で刺繍された

花模様がステキな半衿です

 

あえて塩瀬の半衿生地ではなく

節のある紬生地を使用しています

 

うすいベージュがアクセントの

絹100%の品の良い半衿です

 

ご自宅の洗濯機で洗える

地紋のある正絹半衿も人気があります

 

洗濯してもスレ(表面の白化)が

著しく抑制されるようになりました

進化しています

 

洗える正絹半衿は

半衿を付ける前に水通しを

必ずしてくださいね

これが一番大事です

 

エメラルドグリーンとベージュの水玉が

印象的な京友禅半衿もオススメです

 

「東京の粋」、「京都のはんなり」

どちらもいい言葉の響きです

 

半衿の仕入先は東京と京都からですが

今回は京都の新作半衿です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:48 | - | - |
空芯才(くうしんさい)知っていますか

大岡公園のカワヅザカラが

やっと見頃になりました

街でも一・二本は見かけますが

並木になっている所は

少ないですから早い春を楽しめる

オススメスポットです

 

お太鼓の端がつぶれないカタチの帯枕が

空芯才(くうしんさい)で

宮城県の気仙沼市にある

たかはしきもの工房さんの製品です

 

上が一般的な帯枕です

従来の帯枕の不満を解決してくれる

キモノ愛好家にオススメの帯枕が

空芯才です

 

「紐が食い込み脇腹が痛くなったり、背中が凝る・痛くなる、

お太鼓の端がつぶれる」等々・・・そんな従来の帯枕の問題点を

ズバリ解決してくれます

 

紐部分は幅広ですから身体にめり込まずに

脇腹も痛くなりにくい

そして、しっかりと結べる厚手の枕紐は

程よく伸びて、締めつけ感がありません

 

帯を支える帯枕と枕紐がセットになっている空芯才は

枕紐には伸縮性があり摩擦力の大きい生地を使用して

ゆるんだり枕が落ちてきたりもしません

 

長時間付けても背中が痛くならないのは

ギュッと潰れてぐにゃと曲がる、

ちょうどいい柔軟性を持った

厚手でしっかりとした立体メッシュは

ねじれても直ぐに元通りに

 

空芯才は通気性も良く

洗濯機で丸洗いもOKの優れものです

 

サイズはN、Dx、Bigの3種類で

全長は135cm 横25cm が共通

画像のN(ノーマル)は、縦7cm 高さ3.5cm

   Dx(デラックス)  縦9cm 高さ4.5cm

   Big(ビッグ )   縦9cm 高さ6cm

日本製

 

一日中着ていても、乗り物で移動しても

美しいラインが保てる空芯才

見本もありますので店頭でご確認を

 

たかはしきもの工房さんで人気の

「くの一麻子」も豊富に揃ってます

お気軽に試着できますので安心

 

「満点スリップ」も

「「エクストラ」「エアレット」

どちらも揃っております

もちろん試着用もあります

 

そう、たかはしきもの工房の

女将 高橋和江さんが

3月18日(日)に来店してくれますよ

きさくな女将さんですから

補正下着のご相談等も大丈夫です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:32 | - | - |
帯留を楽しむ

横浜そごう美術館で開催されている

池田重子 横浜スタイル展

明治から昭和初期のキモノ、帯のコレクターであり

特に帯留のコレクションでは有名な方でした

1月8日(月祝)まで開催されています

 

気軽に楽しめる帯留で新春のお出かけに

帯締めも明るい春色で

 

梅花のピンク、そして蕾から咲き出す花

ステキに仕上がっています

素材は金属製です

 

いちごフィールドの帯留は

葉と花も組み合わせ

いちご狩に出かける気分の楽しさが

 

細工も丁寧ですね

日本製のオススメできる帯留です

 

裏側もしっかりと、しつらえてあります

 

アレンジで

崩れやすい肩掛けスカーフを止める

スカーフリングとしても

 

このスカーフは

ステキなシルクロードシリーズを

手がけていた

染織作家の林川信夫さんの作品です


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:16 | - | - |
足袋(たび)って大事なんです-02

成人式、新年会、初釜と年が明けるとキモノの出番が多くなります

足袋の事をもう少し知っていただきたいので

 

2種類の同じサイズの足袋で

上がブロード生地を使用

 

下がキャラコ生地を使用しています

薄手で織り目が細かいのがキャラコ生地の特徴で

足袋に最適な純白の生地です

 

「小鉤(コハゼ)」の枚数も4枚と5枚があります

4枚コハゼが一般的で

5枚コハゼの足袋は主に日本舞踊等の舞台を踏む方が多いようです

 

(お祭等で使用する地下足袋には4枚・5枚・7枚・10枚・12枚コハゼ

もあります)

 

同じサイズの4枚コハゼと5枚コハゼの足袋を

重ねてみました

下が5枚コハゼの足袋で素足が見えにくくなります

 

当店で取り扱ってる福助の足袋では

同じサイズの足袋でも足の形によって

「ささ型」「なみ型」「ゆたか(現代)型」「ふっくら型」の

4種類があります。

 

最近は甲高の方も多くなっています

同サイズの足袋を重ねています

上が「なみ型」で下が「ゆたか(現代)型」です

 

下の足袋は甲高対応ですからカーブのちがいが出ています

当店ではお客様の三割が現代型ですから

ぜひ、ご自分の足袋度サイズを確認してくださいね

 

足袋の足合わせも、お気軽にどうぞ

疲れにくい、スッキリとした足元で


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 05:29 | - | - |
足袋(たび)って大事なんです

今日はキモノの脇役、足袋(たび)について

 

足袋(たび)はキモノを着る際に足に直接履く

日本固有の伝統的な衣類でですね

木綿の布でできたもので、小鉤(こはぜ)と呼ばれる

特有の止め具で固定します

 

草履・下駄・雪駄を履く際に用いるために

つま先が親指と他の指の部分の

二つに分かれています

 

足袋の起源は平安時代の貴族が履いていた

下沓(しとうず)と呼ばれる靴下の説と

当時の猟師が履いていたとされる

皮製の靴下が源流の説があります

 

初期の足袋は足首部分に紐がつけてあり

紐を結ぶことで脱げおちないように止めていました

 

江戸時代の前期までは皮製の足袋で

その後は木綿製の足袋が普及しました

 

現在の足袋は「小鉤(コハゼ)」と金属の金具(ホック)を

「受け糸」と呼ばれる糸のループに引っ掛けて

留めるようになっています

江戸後期から明治前期にかけて普及したものです

 

上下同じメーカーの「コハゼ」と「受け糸」部分ですが

下の足袋は「コハゼ」と「受け糸」の横に

履きやすいようにミシンがしてあります

 

足袋は表生地・裏生地・底生地の3種類からできています

一般的には表・裏・底共に面素材が使用されています

 

綿等の織物で作られた足袋は大きく伸縮することがないので

サイズ構成はセンチ単位(15cm〜28cm 28cm〜お取り寄せ)

 

ポリエステル混紡生地やナイロン糸の伸縮にゆとりがあるので

サイズ構成はS/M/L/2L/3L/4Lと表示されています

 

当店では草履との相性も良い綿等の織物で作られた足袋を

オススメしています

足袋底の内側部分

 

下の画像の足袋底には抗菌防臭加工がされており

底の厚み感がありますので

とても履きやすいです

 

サイズの合わない足袋は疲れの原因に

 

甲の高い方、外反母趾等でお悩みの方にも

足に合うたびは見つかりますよ

 

これからの時期、寒さも本番です

たかはしきもの工房さんの

「絹の足袋下ハイソックス」も

重宝します


一日一回ファッション(着物・和装) ブログランキングへポチッとお願いします。
| kurumayagohuk | 06:32 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

人気ブログランキング


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

Link

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode

Profile